2005年11月19日

ヒーター本格修理

さてさて、やっと週末。
今日は以前から課題のヒーターの修理を実行しました。
全開の応急処置では、例の黒チューブとワイヤーの長さの関係で、ヒーターバルブが閉じきらなくなったんですが、今回は75DIYの達人、私と同姓のなかのさんのアドバイスの元、修理をしました。

heater11.jpg

まず上の写真に記載の「このネジ」を緩めます。
するとワイヤーが外れて下の写真みたくなります。

heater13.jpg

で、噂によると、黒チューブの割れた部分を取り外し、その長さと同じだけワイヤーをカットします。さらにワイヤーを元のとおり先端を少し曲げます。

heater12.jpg

するとこんな感じになるので、

heater14.jpg

こんな風に元に戻せば完成。
あとは、ヒーターバルブのコックの向きを見ながら、黒チューブを固定するクリップの場所を調節してヒーターOFFの時にコックが閉じていればOK!

こうやってダイジェストにすると簡単そうですが、足元の作業は大変でした。デブだから(笑)

ちなみにブロアファンのキュルキュル音は、ダッシュをバラスのがめんどくさかったので、エアコンの噴出し口からシリコンスプレーを吹き付けてみたら音が消えました。
うーん、我ながら適当だなぁ・・・。
posted by なかのふ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

さらにSEV!

そういえば、ジュニアを売った際に外しておいたSEVを75に移植しました。
今回移植したのは、ヘッドバランサー1、スーパーフューエル、AL(汎用品)の3つです。

sev1.jpg
sev2.jpg
sev3.jpg

こんな感じで、ALは1枚しかなかったのでもう1枚購入してリアのサスに貼り付けです。
今、コンディションが良すぎるのでヘッドバランサーとフューエルは心なし低回転のトルクアップしたかな?って程度ですが、ショックの方は結構ダンパーがへたってる感があったので、体感的に良くなりました。ロール速度がゆっくりになった感じですね。リアの振り出しがマイルドなんで乗りやすくなった感じです。

まあ、この手のパーツは賛否両論でしょうが、私はドップリSEV信者ですなぁ(笑)
posted by なかのふ at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ヒータ修理

先日、動かなくなったヒータの修理をしようと思い立ったのですが、都合よく以前75に乗ってらっしゃった、えばさんからアドバイスをいただけました^^
アドバイスどおり助手席の足元から上を眺めると、ヒータバルブを動かすワイヤがありました。

heater.jpg

こんな感じで、黒いチューブが切れてしまってるのが分かります。
とりあえず試しに黒いチューブの長い方の端っこで、クリップを止めてみました。
で、エンジンをかけてヒーターON!

暖かい風が出てきて一安心♪
で、ヒーターのツマミを元に戻してみると・・・
送風にならず、風は暖かいまま。
今度はバルブが閉じなくなったみたいです(T-T)
とりあえず冬場はいいけど、来年の夏までに直さないとクーラーがぬるくなっちゃうなぁ〜。
また考えよう。。。
posted by なかのふ at 21:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

朝6!そして突然の出会い。

せっかく75が帰って来たので地元の展望台に早朝ドライブに行って来ました。
しかし明け方まで降っていた雨の影響で路面はウェット。
ブッシュがリフレッシュされ、パワーの逃げ場を失った75君はお尻フリフリで山を登ってました(笑)

a6751.jpg

朝もやにけぶる75。うーんシブイ。
しかし路面ウェットやと誰も来ないのねぇ〜(笑)
国産が2〜3台来ただけでお目当てのラテン族はいませんでした。

a6752.jpg

別アングルからもう一枚。
車高落としたのがよく分かります。いい感じにサイドのラインが出ました^^


で、誰も来ないのでハイウェイを何往復かした後、最近お気に入りのアンティークな喫茶店でモーニングを食べようと下山しました。
目的の店につき、75を降りると不審者が近寄ってきて・・・

「すいません」

と声をかけてきました。
むむ・・・?店は開いてるし、駐車場はガラガラだしなんも悪いことしてないぞ!?(被害者妄想)

その不審者は続けて・・・

「実は私、これ(私の75を指差す)のエヴォに乗ってまして・・・。」


あ〜、そういうことですか^^;
やっぱ変な車に乗ってると変な出会いがあるものです(笑)
詳しく話を聞いてると、エヴォはもうすぐ車検らしく、これを機に誰かに譲りたい。
しかし、何も知らない人に売っても後で文句を言ってくる可能性もあるし、分かってる人に譲りたい。
で、たまたま75を見かけたもんで、仲間内でエヴォを欲しがってる人がいないか聞いてみたくなったそうだ。

まあ、私は自分の75とスパ子ちゃんで手一杯だし、さぶかわはデルタ乗り換える気もなさそうだし、しむごはイタ車嫌がってるし・・・(仏一筋らしい)。
とりあえずメアドをお教えして詳細を聞き、このブログで紹介くらいはしますよと答えておいた。

車検を受けたらその時の整備内容も含めて詳細をくれるらしいので、情報はいり次第、ココで紹介させていただきます。
私もまだ実車を見ていないのでオススメできる車両かどうかは分かりません^^;

万一、ご興味ある方はコメントなりメールなりで私宛にご連絡ください〜。
posted by なかのふ at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

一難去って・・・

前回の愛知遠征の帰りに、とんでもない豪雨に見舞われました。
雨でフロントウインドが曇ってき、こいつはイカンということでデフをかけることに。

75のデフは非常に適当な作りで、近代車の様に「デフボタン」のようなものは存在しません。
どうやるのかってーと、デフのマークが書いてる上に、「エアコンのパネルをこういう状態にしろ!」的なマークがあるんですね。

def.jpg

そのとおりにエアコンの3つあるツマミを設定する訳なんですが、通常は外気吸入でクーラーOFFの暖房全開、風向きは窓方向に設定します。
しかし!暖房のツマミをひねっても冷たい空気のままではありませんか!?

Webを検索したところ、お決まりのヒーターバルブか、ツマミの裏からヒーターバルブに延びているケーブルの脱落の可能性が高い模様。

で、今日、現象が再現するかテストしてたんですが、風量ツマミをひねると「キュルキュル」と音が鳴り出しました。
エンジンルームを見たんですが、コンプレッサー周りからは異音はしません。ってことは室内だからブロアファンかな・・・。

まとめて週末チェックすることにしました。
まったく・・・一難去ってまた一難ですなぁ〜。
posted by なかのふ at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

75リフレッシュ詳細!

え〜、今朝出勤前に、やっと写真が撮れました^^;
おさらいですが、今回のリフレッシュメニューは以下のような感じ。

・Fアッパーアーム清掃・塗装・ブッシュ交換
・ボールジョイント交換
・Fロアアーム清掃・塗装・ブッシュ交換
・Fスタビリンクブッシュ交換
・エンジンマウント左右2個交換
・FRブレーキパッド交換
・Rブレーキロータ交換
・フロント車高調整、アライメント
・ラジエターリザーブ交換

Fブレーキパッドとラジエターリザーブは想定外でしたが、まあ必要なものは仕方ないですからね。
今回、フロント周りをバラバラにするので、ついでにトーションバーによる車高調整もお願いしました。

ref1.jpg

上がBefore、下がAfterです。
結果3cmダウン、この写真じゃ撮影角度が違うので分かりにくいですが、全体の雰囲気はかっこよくなりました^^


ref2.jpg

下回りもこのとおり、錆びてたアーム関係を清掃して塗装してくれてるのでピカピカです♪
こういった細かい作業まで気を配ってくれる、職人気質のメカさんがいらっしゃるショップは希少ですがありがたい存在ですね!


ref3.jpg

ラジエターリザーバも新品になりピカピカです。
周りのパーツは古いのでココだけ異様にきれいに感じます(笑)


ref4.jpg

で、今回の作業で判明した問題点。
4番のエキマニ部分にクラックが入ってました。
クラックはそのうち伸びていって、サックリ割れてしまうとのこと。純正のマニ(1・4番用)は取り寄せてくれてたみたいなんですが、入荷が間に合わず今回の作業では未着手となりました。
次の作業が決まったのはいいのですが、まったくキリがないですねぇ^^;


今回のリフレッシュ作業を終えて、引き取った翌日、例のイベントに参加するため愛知までテストドライブを兼ねて走ったわけなんですが、全くベツモノの車のようにフィールが変わりました!
まあ、リア周りのブッシュを変えたときも同様だったんですが本当にゴム関係のリフレッシュは重要ですね。
ノーズはクイクイ進行方向に入っていくし、路面にトラクションがしっかり掛かっているのが分かります。
マウント交換の効果も絶大で、エンジンパワーのロスが少なくなったような感じで、燃費も向上してると思います。(高速で11〜12km/Lが13〜14km/L)
まだブレーキのアタリがついていないので、効きが悪く感じますが、これはそのうち改善されるものなんで問題なしですね。

今回の作業で初期化計画はほぼ完了しました。
現存する75の中でも、相当いい状態に入る1台だと思いますのでリフレッシュするかどうかで迷ってるオーナーさんには是非乗っていただきたいですね^^
posted by なかのふ at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

75復活!

先のアップから約2時間して主治医から連絡がありました!
んで、今取りに行って帰ってきました。

comeback.jpg

いや〜、実に1ヶ月。長かったなぁ〜(笑)
しかしこれで安心して明日75の20周年イベントに参加できます。

暗くて写真がキレイに撮れなかったので、詳細は後日アップしますね〜。
posted by なかのふ at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだか〜〜!?

えー、ただいま5日の13時になろうという時刻です。
明日、6日は9時AMに愛知の知多半島で75の20周年イベントです。
開催まであと19時間。



まだ75が主治医の元から帰ってきてません(T-T)



もともと、リアブレーキが鳴きだしたこともあり、パッド交換と以前から画策していたフロント周りのブッシュ交換をひっくるめて作業してもらおうと早めに預けてたんですが、この時期、サーキット関係のイベントが多く、主治医が忙しかったことと、取り寄せたパーツが取り付けできないなどのアクシデントが重なり今日の今日まで押してしまってます。

うーん・・・まだ電話が鳴らない。(仕上がったら電話をいただける約束)
間に合うのかのう・・・・・・・・・・・・。
posted by なかのふ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

タイヤワックス

先日75を洗車した際、初めて自分で買ったタイヤワックスを塗ってみました。
今までは行きつけのスタンドでこっそり拝借してたんですね〜(笑)

twax1.jpg

今回買ったのはウイルソンの「HARD FILM COAT」。
某カーショップの店員さんの口車に乗せられ購入したのですが、今までのタイヤワックスと違って、スプレー式で噴霧したらタイヤの表面で硬化して膜を作り、従来のワックスより長持ちするとのことです。

twax2.jpg

上がビフォアー、下がアフター。
下の写真は縫った直後なんで、これが乾燥すると完成です。
タイプとして、黒く輝くタイプと、深いツヤのない黒になる2タイプがありましたが、今回はツヤなしの方です。

ドック入りするまでは綺麗に黒を保ってましたが・・・いつまで持続するものやら。
ま、気分の問題なんで良しとしましょう^^;
posted by なかのふ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

いろいろドック入り!

昨年末のリア周りブッシュ交換&ミッションOH以来、絶好調だった75ですが、最近の主治医の指摘どおり、リアのブレーキパッドとローターが限界に達してきたようです。
最近はパッドが完全に無くなってきたようでブレーキ踏むとギリギリ音がしてました。
んで、本日ようやくドック入り。
せっかくなんでこれを機にやり残してたフロント周りのブッシュやマウント関係も全部やることにしました。総額・・・25〜30万くらいか?

今回の作業で一通りのリフレッシュは完了するので気持ちよく乗れるはず♪
厳密に言えばエンジンヘッドOHとかも残ってるんですけどね^^;

まあ、これだけ金かけても売るときは二束三文なんでしょうが・・・。
誰か買う人いますか?(笑)
posted by なかのふ at 00:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

ナノハード

nano1.jpg

使ったことのある方も多いと思いますが、樹脂製外装品の光沢を復活させてくれるスグレモノ「ナノハード」を75に使ってみました。
75は見た目のとおり樹脂パーツがふんだんに使用されているため、これが綺麗になればシメタもの(笑)

付属の専用スポンジでナノハードを樹脂パーツに塗っていきます。
5分ほどしたら乾いて完成♪
今日は久々に洗車もしました。

nano2.jpg

やっぱりフロントバンパー部分が樹脂の痛みも一番ひどかったですね。
写真ではわかりにくいですが実物はかなり綺麗になりました♪
ちょっと光沢も写ってるかな?
posted by なかのふ at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

オイル交換

75oil1.jpg

なんか1週間更新しなかっただけで、数ヶ月ブログから離れてたような気がします。
依然、身の回りがバタバタしたままなんですが、福岡行きで75の走行距離が一気に伸びたため、今日オイル交換をしました。(56400km)

75oil2.jpg

今回使用したオイルはelfの15W-50、100%鉱物油です。
前回のAgipは半合成の10W-50だったんで、多少硬くなるのかと思ってたんですが、5W程度の差は体感できないもんなんでしょうか?それとも私が鈍いだけ?(笑)
まあ、今回のelfの方が100%鉱物なんでシールを痛めにくいということと、安いということで今後もこのオイルにして行こうかと考えてます^^

しかし、オイルが新しくなるとフィールは本当によくなります。
何万キロもオイル換えずに走りっぱなしの人の気が知れません(笑)
まあ、3000km毎に換える私もどうかと思いますが・・・換えないよりはいいだろうと^^;
posted by なかのふ at 02:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

ウォッシャータンク最終決戦!?

wsens1.jpg

リンクを張らせていただいているalfa75villaggioさんのブログで知った75部品取り車。その所有者の方に送っていただいた部品が今日届きました♪

中身はウォッシャー周りのセンサー1式(タンクも一緒にくださいました。ありがとうございます!)、ロックナット、シートベルト左右(以前壊れた事があるのでとりあえずキープ^^;)、リレー関係1式。


wsens2.jpg

今日はこの中で、このごろずっと戦い続けてるウォッシャーの警告等を消すべくフロートセンサーの交換をしました。
左が古いの。(「浮き」の補助で発砲スチロールを巻きつけてます)
右が今回取り寄せたセコパーツ。
取り付けは以前からやってるのでモノの3分で完了しました。


wsens3.jpg

とりあえず警告等は消えましたが、走ってるうちにまた付く事があるので予後経過観察が必要ですね^^;
posted by なかのふ at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

サイドブレーキ崩壊!

sbre1.jpg

昨日、75で出かけて帰宅し、サイドを引くと、いきなり真ん中から割れて崩壊しました(T−T)
中にはスプリングとか入ってて組みなおすのに結構手間くったんですが、なんとか復旧。
んで割れた部分に必殺!アロンアルファを注入♪


sbre2.jpg

うーん、乾いたら周りが白くなっちゃいました(T−T)


sbre3.jpg

と思ったら、レバーの裏側にネジ穴が・・・(気づけよ俺!)
適当に合いそうなボルトをはめこんで一件落着♪

白くなったところは・・・コンパウンドで擦ってみるか(^−^;;
posted by なかのふ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

ウォッシャーリザーバタンク〜その後

以前、お風呂のコーキング剤で漏れ止めをして応急処置したウォッシャータンクですが、また警告等が点くようになりました。
ボンネットを開けてみるとタンクに水が残ってません。。。
うーん、また別のとこから漏ってるのかな?

仕方がないので、購入してあった新品のリザーバタンクを使うことに。

wsrt1.jpg

取り外したウォッシャータンクからモーターの取り付けに使うゴムパッキンを新しいタンクに付け直します。


wsrt2.jpg

タンクをエンジンルーム内に取り付け、モーターやセンサーつければ完成♪
うーん、新品のタンクは見た目がきれいで気持ちいですね(笑)


でも、またも警告等が点灯(T−T)
今度は水は入ったままなので、センサーの接触不良か・・・。
困ったもんです^^;
posted by なかのふ at 00:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

フューエルキャップ

今日は、ある方からリクエストがありましたので、うちの75のフューエルキャップをご紹介します。

75の純正のキャップは樹脂製の物なのですが、実は個人的にあまり気に入ってませんでした^^;
そんな折、某オークションでアルミ製の75用社外品が出ているではありませんか!
無事落札し、手元に来ると早速取り付け。

fcap.jpg

こんな感じで結構見た目はかっこよくなりました^^
ただ問題が1点。
純正は鍵穴の周りが3本スポークみたいな感じで指を掛けて、回しやすい設計なんですが、このアルミキャップは指が掛かる場所がなく、外周のギザギザで頑張って摩擦力を使ってあけるしかないんですね^^;
負圧で開きにくい時は割りと手が痛くなります(笑)

このキャップ、主治医から一度電話がかかってきて、「どこで手に入れました?他にほしがってるお客さんがいるんですが・・・」と逆に相談されたことがあります。
このキャップも中古品だったので、もう今では手に入らないのかもしれませんね。。。

なんにしても75のキャップはガソリンスタンドでシリンダーを壊される事が多いので注意しましょう〜。
私も1号機の時一度やられました・・・。それ以降は行きつけのスタンド以外は自分で開けてます^^;
posted by なかのふ at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

シート張り替え

seatrear.jpg
うちの75のシートなんですが、購入時点で結構痛みがきていました。
フロントはレカロに変えてあるんで今のところキレイになってるんですが、リアは縫い目がほつれて、結構見た目もよろしくありません。

で、先日近所の内装屋さんに行き、シート張り替えの相談をしてみました。


seatfront.jpg

私の希望としては、フロントのレカロと同じ色合いにして統一感を出したかったんですが、内装屋のご主人いわく・・・

「レカロの生地は薄くて弱い。なのに正規物だとべらぼうに高い。」
「外車の純正シートのほうが細工も細かくていい生地を使ってる。」
「レカロと同グレードの生地(類似品)だと3000円/m、今の純正の生地と同グレードなら5000円/mくらい。」
「工賃も細部までこだわるか(パイプ処理など)で変わってくるが、純正同グレードの生地を使って、総額で10万前後だろう」

などなど。いろいろと教えていただきました。

確かに純正シートの生地は15年経過したにもかかわらず結構キレイなんですよね。ほつれさえなければ十分満足するものなんですが・・・。
ちなみに「補修」は一旦シートと生地をばらして組みなおすので工賃的には変わらないようです。また縫い目の位置なども変わる可能性があるので生地が足りなくなったりするケースもあるようで、基本的に「補修」はお断りしてるそうです。

うーん、こうやって考えると、いずれフロントの生地も傷んでくるだろうし、それまで我慢してソコソコのグレードの生地で前後のシートを同時にやった方がよさそうですね。
なやましい。。。
posted by なかのふ at 21:45| Comment(9) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

エキパイ遮熱板

本日はLinkさせていただいているgt18さんのリクエストでうちの75のエキパイ遮熱板の画像をアップさせていただくとともに、そのあたりのお話を。

alm1.jpg

これまた75オーナーには当たり前のようになっているエキパイ遮熱板なんですが、ほとんどがワンオフで作られていますのでいろんな取り付けパターンがあるようです。
私の75の場合はエンジンハンガーでぶら下げるフックのボルトに友締めされてます。
他にはウォッシャータンクの取り付けボルトと友締めするパターン、ブレーキマスターのボルトと友締めするパターンなどがあるようです。

主な役割としては、やはりブレーキマスター付近の温度が上がり過ぎないようにするためなんでしょうが、ウォッシャータンクなんかも熱で弱くなります。これの保護も担ってるようですが、走った後、エンジンルームを開けてウォッシャータンクを触るとお湯になってますので、あまり効果はないような気もします^^;

んで、このアルミ板なんですが、友締めする場所にもよるんでしょうが振動で金属疲労を起こし、ひび割れてきます。

alm2.jpg
私の場合は先ほどのフックの形に合わせて黄色い丸部分が割れてしまいました。
また青い線上にもクラックが入っています。

alm3.jpg
黄色い丸部分はボルト穴が開いていたので割れてしまうと取り付けができなくなります。
そのため、ホームセンターなどで売っているアルミの穴つきブラケットのようなものを貼り付けて(写真のアルミテープの隙間に見える黒っぽいもの)ボルト固定できるようにしました。

また、青線のクラックについては制振できれば悪化する度合いを遅らせれるだろうと考え、厚手のアルミテープで補強してあります。
クラックの入った状態で走るとエンジンの振動とシンクロした時にノイズが運転席まで聞こえてくるんですが、この補強を行ってからは聞こえなくなりました。しばらくはこれで持つでしょう(笑)

正直、この遮熱板を外した状態で名古屋まで往復した事があるんですが(もちろん全開。片道「ぬ」時間半)ブレーキが垂れる感じもなく快適に走れました。よほど渋滞にはまって走行風も当たらない〜って場合には多少有効なのかもしれませんが、そんな時にフルブレーキ踏む事もないし、レースでも出ない限りは不要なのかもしれませんね・・・。
でも、75買った時から付いてるもんだから、ないと不安になっちゃいます^^;

アルミパーツなんでワンオフだと高いんですよね。
75オーナー数名でオーダーしたら単価安くならないかな・・・。
posted by なかのふ at 22:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

タッチペン

いや〜、昼間は暑いですね。
昨日ジュニアで出かけたんですが(往復1時間強のドライブ)マジデシニカケマシタ。

さて、本題の75なんですが、実は私で3オーナー目。
オーナーが代わるごとにオールペンがなされてます^^;
オリジナルはガンメタ、2代目がブルーがかったホワイト、私がロッソ。
オールペンしてる関係で多少塗装が弱くなってるのか、ところどころ欠けて下地が見えてる部分も出てきました。
で、ロッソに塗りなおしてもらった時の塗料を予備で頂いていたので、筆で塗ってみました。

tatchpen.jpg

私のデジカメは古いタイプで接写ができないので非常に見づらいですが、明らかに色が変わっちゃってます(笑)
やっぱり2年も屋外保管だとかなり変色するんですねぇ〜。

だれかデジカメ買ってください・・・。
posted by なかのふ at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

アルファロメオコントロール

werr1.jpg

75には上のような警告等の集中管理装置「ALFA ROMEO CONTROL」がセンターコンソールに搭載されてます。(上のものは予備として所持してる物なので車から外れてます)

75オーナーの皆さんには周知の事実かと思いますが、実はコイツがかなり曲者です。
というのは、別に異常がないのに、イタ車特有の電気系のトラブルにより警告等が点いたりするからです。
んで、例えばブレーキ警告等が点いてるけど、普通にブレーキが利く。パッド残量も問題ない。なーんだ、きっと電気系の接触不良だな〜、なんて思ってたら、実はクラッチのフルード(ブレーキフルードと共有)が漏れてて、結果クラッチレリーズの交換が必要だったりします。

わりと、このARコントロールについては、諦めて黒いシールを貼って点灯を見ないようにしてるオーナーさんもいらっしゃるんですが、上記のような経験をしたことがあるんで、できるだけ動作不良を直しておきたいと個人的には思っています。

で、現在の私のARコントロールはというと・・・
・ウォッシャー液残量警告等
・ブレーキ警告等
の2つが点灯しています。

ブレーキについては主治医の指摘により、おそらくリアのパッド残量だと思いますので、こちらはいずれパッド・ローターの交換をして様子見になります。

一方、ウォッシャー警告等はというと、以前タンクの水漏れがあったのでお風呂のコーキング剤で塞いで様子見てたんですが改善されず。(水漏れは止まりました)
で、配線関係を見直す事にしました。

werr2.jpg

これがウォッシャータンク周りなんですが、タンクの上に置いてるのが水量を「浮き」で感知するセンサー。このセンサーの中の金属部分と、その他の黄色い円内の配線の接点を磨いて、接点復活剤を噴いときました。
端子を磨くと金属の色が明らかに変わったので、やはり多少錆がのってたんでしょうね。

おかげで警告等は消えて完治したようです♪
後はブレーキ直したらARコントロールも完全復活だなぁ〜。
posted by なかのふ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。