2006年12月02日

ワイパー対策

なんと!姫路のコンビニでオデンを買うと、生姜醤油が付いてくるそうです。
今日は小ネタで。

半年くらい前からタマにワイパーが急に高速になったり、止まったりするようになりました。こういう時は大体が電気系なので、とりあえずリレーを磨く事に。

wiper1.jpg

ワイパーリレーはボンネット開けて右の方、この位置。

wiper2.jpg

リレーのカバーを開けて接点を見てみると、予想通り黒ずんでました。これをサンドペーパーで磨いて接点復活剤を吹きかけて完了。

効果のほどは・・・雨が降るまでわかりましぇーん^^;
posted by なかのふ at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

タイヤ組換え

最近のアンパンは栗が入っていて大変不愉快な思いをしているなかのふです。皆さんこんにちは。
何で栗入れるかなぁ・・・。

75のリアタイヤなんですが、最近挙動がおかしい。低速で空転する感じ。まさかデフが逝きそうなのか!?などと考えたのですが、単にタイヤが減ってるだけのようでした(笑)
この冬の賞与でタイヤ交換しようと思ってたんですが、他に色々出費しちゃってるのでタイヤまでお金が回りそうにありません。。。

よくみると、タイヤの内側と外側で減り方が違います。内側の消耗が激しいようで。75はドデュオンでタイヤは常に路面に水平に設地する設計のはずなのに・・・うーん?
ま、とりあえずいつものガススタに行って、タイヤの左右を組み替えてもらいました。

wheelc1.jpg

wheelc2.jpg

写真じゃ分かりにくいですが、やはりIN側が減っています。
ブリヂストンのG3なんでローテーションが決まっています。そのためホイールからタイヤを外して左右を入れ替えないといけません。
最後にバランスまで取って2シェンエン。これでもうしばらく誤魔化し乗れるなら安い(笑)


リフトアップついでに下回りを見せてもらいました。

wheelc3.jpg

以前のマフラー交換時に1箇所嵌めれなかったマフラーハンガーを装着。これで排気系も完治です(笑)
posted by なかのふ at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

オーディオ修理

ちょっと前から、75の右リアスピーカーが鳴らなくなっていた。

切り分けのために、同型のデッキを持っているしんごに正常に動くデッキを借り付け替えてみる。やはり鳴らない・・・。
ってことはスピーカーか途中の配線のどっちか。

spirep1.jpg

リアスピーカーにアクセスするためにリアシートを外します。

spirep2.jpg

リアスピーカーの配線をチェックしたところ、プラス配線に導通がありませんでした。写真はリアスピのコネクタに延長線を突っ込み、デッキ付近まで線を伸ばして、デッキに入るプラス配線と繋いでデスターで導通を確認している絵です。

spirep3.jpg

コネクタはトランクの方から室内に戻って、配線を追うのはちょっとしんどい感じでした。仕方がないのでコンソールからドライブシャフトのトンネル上を通して線を1本引きなおしました。

spirep4.jpg

シートを戻して完成。スピーカーも鳴るようになりました。

spirep5.jpg

リアの足元もカーペット下を潜らせたかったんですが、しっかり接着されていたので断念。うーん、プラスなんで赤線にしたけど、黒線にした方が目立たなかったなぁ・・・。
仕方なしに滑り止めマットを被せて誤魔化してみました。

spirep6.jpg

普段、ゴミ箱を置いてるので目立ちにくいでしょう(笑)
posted by なかのふ at 06:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

マフラーハンガー修正

ほんとはオルタネタを書きたかったんですが、写真を編集する時間がないの小ネタで。

75のマフラーをスーパースプリントに変えてから、マフラーをよく擦るようになりました。SSの方が径が大きいので、最低地上高が低くなったのと、長さが長いのでフルボトムした時に地面に当りやすくなってるみたいです。

何とかしたいなぁ〜と思ってたんですが、ハンガーを観察してる時に名案が!

ssc1.jpg

元は黄色線のラインでマフラー側のステーがあったんですが、ウォーターポンププライヤーを使い、テコの原理で一捻り。美味い具合に曲がってくれました。

ssc2.jpg

結果、上がビフォアー、下がアフター。
見た目にも実用的にもGoodな感じです♪
posted by なかのふ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

マフラー交換!

先日のマフラートラブルで、ハンガー以外にも問題が発生してました。
そう!ANSAマフラーの穴です(笑)
問題発覚後、マフラー調達をどうしようか悩んでました。KパーツにはCSCの1本出しが在庫あるみたいだけど5万弱・・・。高い!

そうこうしてると、運良くスーパースプリントをオークションでゲットできました!たまたま同県の方だったので、本日無理を言って直接受け取りに伺いました。

ss1.jpg

これがゲットしたブツです。受け取りが20時過ぎ。帰宅が21時半(高速が渋滞)。でも、オモチャを手に入れると試したくて仕方がないのが私の性分ですので、早速交換♪

ss2.jpg

上の写真からエンド部分、リアブレーキキャリパー上のゴム部品、センターパイプとの繋ぎ目です。この3箇所を外せばエンドマフラーはフリーになります。作業性を考えると、センターパイプのO字ゴムハンガーも外した方がやりやすいと思います。

ss3.jpg

キャリパー上のゴムハンガーです。たぶんアルフェッタと共通パーツかと。
真ん中が菱形になってるんですが、片側が完全に切れてます。両方切れると、多分リアキャリパーにマフラーが干渉するような気がします。おそろしや・・・。
ボディ側のボルト穴には2枚目の写真のように金属のホールステー?の様なものが入っているので、これも新しいゴムハンガーに移植します。

ss4.jpg

外されたANSAです。うーん、ボロい(笑)

ss5.jpg

形状比較のために並べてみました。
フックの位置やセンターパイプに入る部分のパイプ形状もほぼ一緒なのでポン付けOKっぽいですね^^

ss6.jpg

で、取り付けようとしたところ、エンド側の径がANSAよりスーパースプリントの方が細く、センターパイプに入りませんでした。(写真ではSがセンターパイプ、Eがエンドマフラー)仕方がないので、スプリントのパイプをプライヤーで無理やり広げ、センターパイプを紙やすりで削り、錆を落として少しでも細くする努力をした結果、先っちょは入りました。あとはプラスチックハンマーでガンガン叩き、無理やりねじ込んどきました(笑)
あ、ファイヤーガスケット塗るの忘れた・・・。

ss7.jpg

あとはハンガーを元通り取り付けます。写真は菱形のゴムハンガー。エンド部分のゴムハンガーも元に戻しましょう。

ss8.jpg

更には、先日のトラブルでロストが判明したセンターパイプを支えるO字ハンガーも取り付けます。(Oちゃんから調達)
あと、触媒の前にあるO字ハンガーも1つロストしてるんですが、リアだけ馬をかけたため、作業スペースが確保できず、今回は断念。

ss9.jpg

これで完成ですね。
写真はジャッキをかけた状態なので、マフラーとバンパーのクリアランスに余裕があります。ジャッキから降ろせば隙間はもうちょっと狭くなります。


早速試乗してきたわけですが・・・。
多少甲高いテイストのANSAに対して、重厚な雰囲気ながらアイドルは驚くほど静かです。
近所を一回りして、「見た目の割りにおとなしい奴なのかな?ANSAの方が良かったな(笑)」などと思って、いざ高速に乗ってみると、3500回転から吹くわ吹くわ!
いきなり快音を響かせ、加速していきます。

ANSAよりも中速のトルクが出ているようで、非常に乗りやすくなりました。トータルではスーパースプリントの方がいい感じです。

でも、ANSAの音も捨てがたい・・・。ま、せっかく付けたんで当面はこのまま乗りますよ(笑)
posted by なかのふ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

マフラーハンガー

mhunger.jpg

先日のマフラートラブルで判明したハンガーのゴム部品がロストしたり、千切れていた件で、Oちゃんより部品を受け取りました。
Oリングのゴム部品はともかく、四角のゴム部品はジュリア系にはない部品のはずなんで、よくOちゃんの所にあったなぁ〜って感じです。ホント頼りになります^^

今週末はこれの交換作業ですね〜♪(マゾ)
posted by なかのふ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

マフラートラブル

本日、75でお出かけ。
ランチを食べようと立体駐車場に入れようとしたところ、この立駐のパレットの規格が古かったようで、オイルパンがヒット!
その弾みでマフラーの触媒とセンターパイプの継ぎ目が外れてしまいました〜!

オサレな街、神戸で爆音を奏でる75。
歩行者が振り向く振り向く。
ハズカシ〜(笑)

いそいそと灘区の整備工場に駆け込み!(さぶかわがお世話になってる某ショップです)

早速リフトで上げてもらい、パイプを嵌め直してもらいました。
しかもマフラーハンガーのゴムが3つほど飛んじゃってたし・・・災難です。75も暫く健康だったんで下回りを久々にチェックする機会となったんですが、結構マフラーのサイレンサーが錆びて、一部穴が空いてました。そろそろ新調時期か!?

もうANSAのデュアルは手に入らないんだろうなぁ・・・。
posted by なかのふ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ブロアファン再び

またもブロアファンレジスタのハンダが焦げてしまいました。
まあ、涼しくなってきたんで緊急対策は必要ないんですが、それでも雨の日とかにデフが効かないのはつらいです。

ハンダを繋いで戻したんですが、変な動きに・・・。

・風量1・2が風が出ない。
・風量3は出る。
・3にした後、2や1に戻すと風が出る。
・風量0から2まであげると、前述のとおり風は出ないがレジスタの抵抗が赤くなり燃えそうになる。

という状況。
火事になりそうで怖いので、とりあえずエアコンは点けない方向で。。。

うーん、困った。
posted by なかのふ at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

OIL交換

75のエンジンフィールが重くなってきて、シフトチェンジも渋くなってきました。

そろそろオイル交換の時期ですね。

0610oil1.jpg

走行距離は67005km、前回交換から約3000kmです。私の交換サイクルピッタリです(笑)人間の感覚も捨てたもんじゃないですね。

0610oil2.jpg

まずはオイルをドレンから抜いて〜♪

0610oil3.jpg

今回はフィルターも換えました。

0610oil4.jpg

前回はオメガが安く手に入ったんですが、いつもそんなラッキーは起こりません^^;
いつもどおりのelf(15W−50)鉱物油です。
まずは5Lほど入れてみて油量チェック。ゲージピッタリです。

今回はフィルター交換をしているので、ここで1回エンジンをかけて、フィルター部にオイルを回します。
これでゲージでMaxとMinの半分くらいが減るので0.5Lほど追加して完了です。

ま、いつもどおりの作業でした(笑)
posted by なかのふ at 11:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

続・熱いサンダー!

75のブロアファンが止まって後日、コンソールをバラしてみました。

hot4.jpg

運転席のアクセルペダルの上を覗き込むとこんな感じ。
ピンク矢印の事務クリップで留まっているのがブロアレジスターです。

水色矢印の赤/茶の2本がブロアファンモータに続く配線です。
という事は黄色矢印のソケットから出る赤/黒がエアコンスイッチから来るプラスとアースですね。

@アースの導通を確認 → 問題なし
A赤/茶をバッテリー直結 → ファン回る
Bプラス配線の導通 → 導通なし

むぅ・・・ってことはエアコンスイッチ側の配線を辿らねばならないのか・・・。
もう一度配線を辿りなおすと、ソケットから出る赤/黒の赤配線はブロアレジスターに入っている。で、レジスターに入っているプラス配線(LO/MID/HIの3本あり)は全て導通OK。

ってことは、やっぱりレジスターが悪いんやん!

hot5.jpg

黄色矢印のハンダが導通不良を起こしてました。良くみると白くなってます。軽く焦げた感じですね。

ハンダを取って、再度ハンダ付けして完成。

ブロアも無事回りました♪



結論!

もう恐くてコンデンサーの類のパーツは付けれません(笑)

まあ、主治医はコンデンサーくらいつけても問題ないとは言ってたけど、あまりにタイミングよすぎたんでトラウマになりました(笑)
posted by なかのふ at 00:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

熱いサンダー!

ガソリン価格が高騰する中、燃費向上グッズが売れているみたいですね。ただ、ああいったグッズは結構お高いんですよねぇ〜。いくら燃費のためとは言えちょっと手を出しにくいモノもあります。
そんな中、alfa_no_1さんのサイトで某製品を自作した方のレポートが紹介されていました。

この手法で行くと従来の製品価格の半値くらいで政策が可能とのこと!これは是非チャレンジせねば・・・と思い、色々調べていると某オークションで数千円で類似品を販売している事が判明!
こりゃぁ自分で作ってる場合じゃないな^^; という事でオーダーしてみました(笑)

hot1.jpg

取り付けはこんな感じ。バッテリーのプラスとマイナスに繋ぐだけ。簡単ですね〜。で、試乗に出たわけなんですが、なんとエアコンが動きません!暑いです!サンダーの効果を体感する気にもなれません!

hot2.jpg

エアコン関係の各所をチェックすると案の定リレーが若干焦げた跡がありました。リレーはストックがあるので交換して完了♪

エアコンも無事直って試乗を継続しようとしたんですが・・・。次はブロアファンが動かなくなり、やはり蒸し風呂状態に(T−T)
またもリレーやブロアファンレジスターなどをチェックしたんですが目視では全く問題なし。
75好調のため、久しく顔も出してなかったのでオートーコニサーさんに相談に行く事にしました。

道中、ふとメーターパネルに目をやると水温警告等が点灯!?なんだ、今日は厄日なのか!?
工具も何もない、しかもブロアファンが動かないので第2ラジエター(ヒーター)も使えない・・・。仕方がないのでアイドリングストップや、惰性走行でエンジンの回転をできるだけあげないようにして主治医の元にたどり着きました。

主治医がチェックをするとあっという間に原因判明。

hot3.jpg

エアクリボックス横にターミナルがあります。私恥ずかしながらここはアースポイントだと思ってました。実はスターターを経由してプラスの配線が来てるんですね。この配線をここで中継して電動ファンとコンプレッサーの常時電源を取ってるんですね。
このターミナルが熱で溶けてたみたいです^^;
アースと勘違いしてたくらいだから自分で原因究明してたら多分永遠にたどり着けなかった気がします(笑)

コンプレッサーも回り、電動ファンも回ってオーバーヒートは心配なくなりました。でもブロアファンは動かない・・・。
空気循環を外気にして走ればエアコンで冷えた空気が押されて多少エアコン効果はあるんですが、信号待ちはやはり蒸し風呂です(笑)

これ以上主治医にみてもらうとダッシュをバラして工賃もかさむ。しかも夕方から予定がありタイムリミット。ブロア配線は自分で追うことにして主治医の元を後にしました。

うーん、今の日本でエアコンはもはや保安器具ですね^^;
posted by なかのふ at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

クーラーコンデンサー

明日は先日から告知しているHPM(一庫・ピクニック・ミーティング)です!
9時から午前いっぱいは湖の駐車場に75とデルタがたたずんでいますので、気が向いた方はいらしてみて下さい。ナンにもできませんが車談義に花を咲かせましょう^^;
場所、注意事項はココを見てね!
明日は早起きしてお弁当を作るので、仮に誰も来なくても、私とさぶかわはオベント食べてピクニックしておきます(笑)


さて本題。

先日のクーラント交換の余談ですが、よりラジエターの冷却効率を高めるため(というか元の効率に近づけるため)ラジエターの前にあるエアコンコンデンサーのフィン修正をして見ました。

エアコンコンデンサーへのアクセスは簡単。グリルのテッペンにあるネジを1本外してグリルを外すだけ。

conden1.jpg

これだけで何の車か分からなくなる75。やっぱり伝統の盾はデザインの上でも重要ですねぇ^^;

conden2.jpg

コンデンサを見ると虫がいっぱい張り付いたり、フィンが曲がって通風効率が落ちてるンじゃないかと想われます。

conden3.jpg

フィンをピンセットで修正しつつ、シャワーホースを使って虫や小石を洗い流してみました。


まあ、気休め程度でしょうが、やらないよりはマシだろうという事で(笑)
posted by なかのふ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

クーラント交換

75の水温が最近気になります。まあ、この夏が暑すぎるんでしょうが、先日ファン不動の現象が出てから、エンジンを切ってまた直ぐに乗る時に水温警告等が点く時があります。

そういえば、2年ほど前にラジエター本体を交換して以来、クーラント換えていないので、そろそろ交換時期なんですね〜。
という訳でさぶかわを呼び出して交換作業開始!

coolant1.jpg

まずはリザーバのキャップを開けますが、75にはラジエター本体に圧をかけるキャップがありません!このリザーバのキャップで圧をかけているので、水温が上がっている時に開けると噴出すので注意です。

coolant2.jpg

んで、下回りにバケツを用意して、黄色矢印のホースバンドを緩めます。手前の赤星印はエアクリーナへ空気を導くパイプです。あらかじめ外しておくと作業が楽です。

coolant3.jpg

バンドを緩めたらロアホースをゆっくり外します。

coolant4.jpg

バケツに溜まった古いクーラントです。割ときれいな状態でしたが、新品に比べると少し暗いグリーンですね。
クーラントは毒性が強いので下水に流せません!オイルパックンに食べさせて捨てる事にしました。

coolant5.jpg

ロアホースを仮止めし、リザーバからホースで水を注入します。リザーバに水が溜まりだしたら、またロアホースを外して汚水を捨てます。
最後にラジエターのドレンを外せば水はほぼ抜け落ちます。

coolant6.jpg

ロアホースを本止めします。パイプには液体ガスケットを塗ってからロアホースを差します。あとはホースバンドを締めて完成!

coolant7.jpg

新品のクーラントを水で割ってリザーバから入れます。とりあえず適当にクーラント4に対して水6くらいにしてみました。割合はクーラントの容器に書いてあるので、地域によって割合を変えてくださいね!(クーラントの凍結温度が変わります)

しばらくエンジンを回してサーモが開くのを待ちます。サーモが開くと一旦水温が下がりますがまた80度前後まで上がってきます。
その間リザーバの水量が減りますので継ぎ足しましょう。(水温が上がるので噴出し注意!)水量が変わらなくなればエアが抜けきった証拠ですので完了です。
ここでポイントはエアコンでヒーターを全開にしておきましょう。クーラントはヒーターコアの方にも回ってるのでヒーターONにしておかないとヒーター側に水が回らずエア抜きも完全になりません。


停車しての作業が一通り終わったら、ヒーター全開のままそのあたりをぐるッと1周しました。走行する事で抜けきらなかったエアが抜けることがあります。案の定、リザーバが2cmほど水位を下げていました。
噴出しに注意して更にリザーバに補充です。

作業完了が夕方だったんで、水温警告灯の確認はできませんでしたが、まあこれで大丈夫でしょう(笑)


今週末の20日(日曜日)は一庫ダムの公園にドライブです。お近くの方で気が向いたらドライブがてらご一緒しませんか?午前中は現地にいると思います。(雨天中止)
詳細はコチラ。

個人的には誰も集まらず、私とさぶかわだけというオチを期待していますが(笑)
posted by なかのふ at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

スポーツフィルター洗浄

airfil.jpg

昨日、コンソールをバラしてる間にエアフィルターを洗浄して乾燥させてました。日差しが強いので速乾です(笑)

専用オイルを染みこませた後は取り付けて完成。
フィルターが汚れてくるとエンジンがかかりにくくなったり、アイドルが不安定になるのですが、洗浄後は一発始動!
やっぱ気持ちいいですね^^
posted by なかのふ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

ブロアファン直るか!?

クソ暑い中、コンソールをバラしてみました。
車内は気温も上がり、熱射病寸前です。。。同様に作業をされる方、お気をつけください^^;

バラす手順はなかのさんのサイトのココに詳しく載ってますので、私が再掲するまでもないと思います。なかのさん、転載お許しください。

console.jpg

ココまでバラして、さあ空調ボックスに手をつけようとした直前に、念のためブロアファンを回してみました。
なんと異音は止んでます。多分、ばらした事で干渉してた何かが解消されたんでしょう。

原因が分からなかったのでクタビレモウケな気分ですが、直ったので良しとしましょう。。。

  店舗経営者様に朗報
  安価で即効性のある広告媒体をご提案します。
posted by なかのふ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ブロアファン異音

今日、75に乗ってエアコンをかけていると、突然振動音が聞こえだしました。エアコンを切ると音も止むので、おそらくブロアファンが何かに干渉してるんでしょう・・・。
エアコンを最強にすると、ブレーキを踏んだ時にブレーキペダルから足に振動が伝わるくらい震えています。

この作業はあんまりしたくなかったんですが・・・ついにコンソールゼンバラしないといけない時が来ましたか(TT)

夏場にやりたくなかったなぁ・・・。

  店舗経営者様に朗報
  安価で即効性のある広告媒体をご提案します。
posted by なかのふ at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

ぺたぺた・・・

恥ずかしながら、先日狭い道でUターンを切っていたとこと、車両感覚を誤りバンパーを縁石にヒットさせてしまいました。

75paint1.jpg

ほれ、このとおり。見事に塗装が剥げ落ちてしまいました。
キレイに直すべきか悩んだんですが、しゃがんで見ないと分かりにくい位置だし・・・。

75paint2.jpg

全塗装した時に貰っていた同色塗料でペタペタ塗っておきました^^;
うーん、この辺はさすがB型(笑)
posted by なかのふ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

リアパワーウインド修理

普段、乗せてもさぶかわしんごを助手席に乗せるくらいしかしないので、リアシートの稼働率は非常に低いわけです。
先日三人で乗っていたときに、リアに乗ってたしんご

「窓があかへん!」

とのタマふ。
この週末でようやくチェックしました。

rwin1.jpg
まずは王道?の接点チェック。リアパワーウインドのスイッチをバラして接点を磨くもハズレ。

rwin2.jpg
リアウインドが両方開かないので、チャイルドロックのスイッチも疑ってみました。ここもバラして磨きましたがハズレ。


仕方がないので配線図を引っ張り出し、線を辿ると・・・なんとパワーウインドのリレーがフロント2枚とリア2枚でそれぞれ独立しているではないですか!?

そのリアウインド用のリレーがコチラ!

rwin3.jpg

リレーに電圧をかけて導通チェックすると問題なし。リレーの差込口も含めて接点を磨くとウインドが復活しました♪

やっぱり、「まずは接点・アースを疑え!」が教訓のようです^^;
posted by なかのふ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

オイル交換 オメガ!

omega1.jpg

ファンが不動となった先週、現象が出る前にオイル交換をしていました。いつも3000kmくらいで交換するようにしているんですが、今回は前回の60000kmから約4000kmも走っています。オイル残量も結構減ってました。不覚!

omegac2.jpg

で、今回は以前入手していたオメガの激安オイル(20W−50、鉱物油、6Lで4000円)を入れました。水温が上がるまではとても快適に走れました。水温が上がりっぱなしだとオイル劣化も早いのでせっかくのオメガが台無しに!ファンが早めに直ってよかった^^;

エンジンもスムースに回るし、クラッチのミートのショックも小さいんですよね〜。やっぱいいオイルはお値段だけの事があるんでしょうね^^

しかし毎回高級オイルを入れることもできないので、やはり安価なオイルをコマめに変える方法でこれからも行きたいと思います(笑)
posted by なかのふ at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

電動ファン完治

今日、ようやく完治しました。
75の老舗サイト、なかのさんにアドバイスいただきアースラインを再確認した所、結局もとの配線に戻しただけで完治です。恐らく、色々とコネクタやアースポイントを磨いたので電圧が高くなってファンが回るようになったものと思われます。

この過程で、クーラーが効かなくなる現象もあったのですが、ファンのリレーの横にある、コンプレッサーのリレーが死んでいました。接点を磨いても回復しなかったので、ストックしてた予備のリレーに換えて完治です。

これでこの夏も無事、越せそうですね(笑)
posted by なかのふ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。