2007年11月18日

ラストラン!

おととい、3度目の見合いにチャレンジしたなかのふです。みなさんメリークリスマス。


まあ、性格が合いそうにないので今回もなしでしょうね。
それよりも、親愛なる友人と絶縁しなくて済んでホッとしております。




さて、日付は変わってしまったので既に昨日のこと。

急遽、75をショップの方が取りに来る事になった。
嫁入りする娘を送り出すための洗車をする暇もなく、でもやはり最後は走っておきたい。
早朝から75に積んでいた荷物や装備を外して、山に登った。


75gb1.jpg

不要なものを降ろして、少なからず軽量化された75。
コーナーを攻めるほどに素直な操縦性に改めて驚かされる。通常はフロントヘビーのため駆動輪のトラクションが抜けがちなFRであるが、リアにミッションケースを持つ75はしっかりと荷重をかけ、ドライバーを中心に、まるでハンマー投げのオモリを振り回すようにゆっくりと車体を回転させる。それでいてコーナリングそのものはトラクションと2Lエンジンの恩恵を受け、クリップ以降はベタ踏みOK!グイグイ加速する。下手したらロータリーなんかよりもピュアなコーナリングマシンかもしれない。

なんで俺はこんなスゴイ車を売ってしまうんだ!?


75gb2.jpg

お昼ごろにはショップの方がお見えになって75を引き取っていった・・・。
普段、自分の車を外から見ることはないのだが、こうして眺めていると、本当に秀逸なデザインだ。(特に後ろから見た時!)
今頃になって、本気で惜しくなってくる。


山の上でお会いする某氏が、愛車を売って、ノイローゼ気味になり、すぐに同一モデルを買いなおした話を伺ったことがあるが、その気持ちも分かる気がする。



この日の夜は、いてもたってもいられなくなり、思わずGTAを引っ張り出し、夜の湾岸線を流してみた。

75gb3.jpg

今までも色々な車と出会い別れてきたが、一番胸の痛い別れになってしまった。
しかし、75から学んだ多くのこと、そして75のおかげで出会えた皆様との縁を糧に、今後もロメオを愛してゆきたいと思います。

75関係で縁を授かりました皆様、ありがとうございました!そして、これからもよろしくお願いいたしますm(_"_)m
posted by なかのふ at 00:49| Comment(9) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

バイザー交換

今夜は地元で花火大会があるようです。
家の近所は浴衣のガキどもが練り歩き、車は大渋滞。まったく・・・ウザイ。

しかしね、実は見えるんですよ。ウチから。花火が。
ああ・・・去年やってたドラマ「結婚できない男」の阿部寛さんを思い出す。

「ハハ、たまやー」

俺って暗い?




さて、75で割れっぱなしだった運転席側のバイザーをやっと交換しました。

FLMCで購入したものは社外品でデザインが変わるため交換を渋っていたのですが、やっと中古品を手に入れたので実施です。

75byser.jpg

やっぱりちゃんとしてやると気持ちいいですね^^
posted by なかのふ at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

75サス交換

75のお尻フリフリ病・・・見てみないフリしてました。


でもね、こないだの75ミサで姐御(saetta様)の75のビルシュタインの真新しい乗り心地を知ってしまったら、もうゴマカシは利きません。


で・・・ネットをあさる。


ビル・・・¥60000
コニ・・・¥62000
ザックス・・・¥53000


うーん、やっぱりこんなもんか。
ビル、コニはともかく、ザックスってショックも作ってるんですね〜。評価をあんまり聞いたことないけどどうなんだろ?

コニは固いって聞くし、今回探したものは減衰調整可とはいえ調整するためには車体から外さないといけないらしい。こんなの使いこなせるだろうか?

ビルは今着いてるのがビル。ってことは4万出せばオーバーホールできるなぁ。性能は100%戻らないにしてももう1回ビル買うくらいなら他のショックを試してみて気に入らなければビルをOHってのも手か・・・しかしそれだと10万コース。うーむ。


モンロー・・・¥25100


??


なんじゃこりゃぁぁ!?


安い!安すぎるよアニキ!!(←誰?)



しかもモンローって純正に近い味付けながら、結構イイヨ!って噂は何度か聞いたことがある・・・
しかもこれなら失敗してもビルOHで6万5千・・・有りやなw


んで、早速オークションに入札〜♪



75shock1.jpg

到着しました〜♪


で、早速装着。

75shock2.jpg


まずはリアから。リアは普通にバネが着いててサスとは別体。スプリングコンプレッサーを付けてみる。2000〜3000円くらいか?そんなに高くないのでサスを頻繁に交換するなら必須のツールですね!今回のツールはデルタのサスを頻繁に換えてたさむがわからボッシュートした一品です。


75のリアは上下が1つのナットで止まっているだけ。
下は目視可能なので上のマウントを探す。

75shock3.jpg

やっと見つけたのがリアシートの裏側。すげぇ所にあるなぁ。


75shock4.jpg

下側はこれね。



75shock5.jpg


取り外すとこんな感じ。
心持、ビルの方が長いんですね。まあ、車重がかかったら両方縮むので関係なし。



次はフロントですが、アッパー側がエンジンルーム内にあります。左はウォッシャータンクの下。(タンクは外さないと作業できません)
右側はエアフロセンサーとスロットルボディーを繋ぐゴムのジャバラパイプを外した方が作業効率が良いです。
今回は更に作業性を上げるため、エアクリボックスの上半分も外しました。

75shock6.jpg

ロワー側は上の写真の下段のような感じ。13mmのボルト2本で止まってます。


75shock7.jpg


交換するとこんな感じ。
ビルが黄色で目立っていたので、モンローはちょっと控えめな感じですね。


で、肝心の交換した感想ですが・・・


サスを外した状態で手でビルとモンローを縮めた時、ハッキリ言ってビルの方が固いんですね。しかも動きもスムーズ。これがホントに抜けてるのか!?お尻フリフリはサスじゃなくブッシュとかのヘタリが原因では!?と自分の診断を疑ってしまいました。

しかしモンローを装着して走ると断然安定感が増していました。
結局サスは外して人の手で見てもヘタリは分からないというのが私の感想です。
車重がかかって縮んだ状態から、細かい上下運動をどれだけ吸収できるかがサスの仕事なわけですから、ブルーワーカーやビリー隊長にちょっと鍛えてもらったくらいの人力では判定不可能です(笑)

あと、ビルの時は直線フル加速で段差を踏んだ時にホイールが空転してるのが分かりました。モンローではしっかり段差も含めて路面を掴んでいます。結局ビルは抜けて路面追従もできなくなっていたんですね。

で、肝心のモンローですが・・・


街乗りではちょっと路面のギャップを拾らいすぎる感じはあります。でもマイルド。ビルが固かったので余計に感じるのかもしれません。
で、スポーツ走行になるとしなやかなロール感を出しつつ、粘り強いフィールを出します。
なんとなくジュリアに似たアルファ独特の粘り足を再現しているようなイメージですね。
かといって柔らかい!って訳ではなく、私程度のスポーツ走行なら十分な性能を発揮してくれています。
コーナリングのラインでもイメージよりも鼻先一つインに食い込める感じもあります。

本音を言うと、姐御のビルを着けた75のしっかり感の方が私は好みですし、本当にハードな走行をする人なら物足りなさがあるかもしれません。しかしコストパフォーマンスや先に述べた性能を考えると、私は120点を付けたいです^^


ビルOHも当面先送りでOKっぽいっす(笑)
posted by なかのふ at 09:27| Comment(11) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

75用バイザー

週末雨だと作業が進まないからネタが・・・ねぇ。
もっとも私事ではネタあるけどここでは書けないしなぁ(笑)
なんか部品ばっかり溜まっていってる気がする。


その一つ。

以前、75の運転席側の雨よけバイザーを割ってしまったんですが、純正品は欠品・・・欠品・・・欠品。

ある日FLMCを見ていると、バイザーが出ていた!
速攻オーダー。
しかしFLMCの悪いところで、まだイタリアに部品があったりするのに青田買いっぽい感じで先に売りに出しやがります。
先月末くらいかなぁ。やっと部品が届いていました。(今回のはまだ早くて2〜3週間で来た)

bizer1.jpg

これね。
なんか純正より色が濃い。


bizer2.jpg

というか厚みが薄い。75乗りの方なら、あの不恰好ながらもごっつい厚みのバイザーが結構お気に入りだったりするはず(笑)
これは完全な社外品のモディファイパーツだった。
これじゃ左右両方変えないとダメジャン!


部品は左右セットでしか売ってくれないので両方手元にあるんだけど、なんか割れたない助手席まで変えるのがめんどくさくなり放置プレイ中。

あー、どっか純正形状の部品ないかなぁ・・・。


posted by なかのふ at 07:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

75クーラーガスチャージ!

いや〜、昨日は暑かったですね。
虎の子の作業をしてたんですが、脱水症状なりかけで危なかったです。夢中になるのはいいんですが、皆さんも水分補給は忘れないようにしましょうね!

で、75に乗ってると室内はサウナ状態。
去年よりもエアコンの効きが悪くなってる気がします。冬場にブロアファンを交換してから冷却効果が落ちてます。恐らく交換時のクーラーガスチャージが十分ではなかったんでしょうね・・・。
ブロア交換を依頼したショップはこの時初めてお付き合いさせていただいたんですが・・・失礼な言い方かもしれませんが、プロならこの辺りのチェックもしっかりして欲しいものです。

で、GTAを預けている主治医に相談、その場でチェックしてもらいやはりガスが減っているとの診断。即チャージしてもらいました。

75acc.jpg

75はフロントグリルを外したところにチェック用の窓があります。
今の代替フロンはガスの密度が高いらしいのであまり入れすぎると圧力が上がりすぎてあまり良くないそうです。
多少窓で泡が確認できる状態でチャージ完了。

また、高圧側は問題なしだが低圧側が多少低く、いずれエキパンバルブやリキッドタンクも交換が必要になるだろうとの見立て。
こういう経験豊かなメカさんは本当に頼りになります。

更に、75はこの辺りが欠品してると伝えても、国産流用はいくらでも利くので大丈夫!との言。
やはりこういうショップが頼りになりますね^^


その後の試走で去年並みに冷えることも確認できました♪
これで今年の夏も越せそうです(笑)


posted by なかのふ at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

かぁさんが〜よなべぇ〜をしてぇ〜♪

虎ばかりいじっていると蛇がスネそうなので、たまには75をいじってみる。
といっても機関系は絶好調なので特にいじる場所もなく・・・以前多数の方からお叱りを戴いたシート破れを補修することにした。

どうも針仕事をすると題の歌詞が浮かんでしまう。


75seat1.jpg

パックリ割れてる座面をヌイヌイ。
ホームセンターに行くと、写真のような曲り針が売ってたのでコリャ便利とばかりに即購入。糸は厚手生地用の物をチョイスしました。
グレーの糸が売ってなく、手芸屋にわざわざ行くのも面倒だったので、白と黒の2種類を購入して目立たない方にすることにした。


75seat2.jpg

とりあえず黒糸で縫った座面。
黄色が工場出荷状態。緑が今回の補修線。明らかに違いが分かるが自己満足的に納得いく仕上がりなので良しとする。

75seat3.jpg

続いて背もたれのアームレスト収納の上部の破れ。
こちらは白で縫って見た。若干ですが白のほうが目立ちにくい気はします。めんどくさがり屋のB型なので座面を縫い直したりはしません。悪しからず。


75seat4.jpg

で、装着してみる。
ウム。トレビアン。

やってみると結構簡単。もっと早くやってやればよかった。

ヨネシューさん、70万!ww

posted by なかのふ at 16:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

タイヤ交換

75のタイヤが以前から限界近くなっていたので、先週末思い切って交換しました。
もちろん男の夏一括払い!w

75tire1.jpg

今回のチョイスはブリヂストンRE-01R!
奮発してしまいました。。。
サイズは散々悩んだんですが、195/55R15にして、185から1つ幅を広くしました。
これで直径が大きくなるので多少車高が上がるのと、グリップが稼げるはず。

75tire2.jpg

近所のスタンドで交換作業〜♪
下回りもチェックしましたが、多少オイルが滲んでる程度で問題なし。

75tire3.jpg

こちらが取り外したブリヂストンG3。


75tire4.jpg

こちらがRE-01Rです。パターンかっちょいい〜♪
接地面を触ってみたんですが、異様にやわらかい!冗談抜きで指紋が付くんじゃないかと思いました。これは減るの早そうだなぁ(笑)


走行してみた感想は、恐ろしくステアに対する応答性が高い!
グリップの限界も高いですね。そのかわり滑り出したら一気に逝きそう(笑)かなり面白そうなタイヤです。

しかし問題が・・・。
ブルボトムした時にタイヤがハウスに当たっちゃいました・・・。


75tire5.jpg

どうも外側に擦った跡があったので、ホイールスペーサーを外してみるも、現象変わらず。
車高を上げようかとも思ったんですが、せっかくダウンさせて低重心んじなったことにより得た運動性能が失われるのも悔しいので、タイヤのサイズを落とすことに。

幸いなことに、さぶかわのデルタは195/55R15!
奴に下取りしてもらい、185/55R15を再購入です。

購入にあたり、一応中古になるタイヤをさぶかわに買ってもらうのも悪いので、タイヤのグレードを一つ落とし、Playzに変更。Playzが買えるお値段でREを下取ってもらいました。

75tire6.jpg

右がRE、左がPlayzです。185と195で規格上は1cmしか変わらないはずなんですが、実際は185の前後、195の前後でメーカーの定める値で製造されているため、2cm近く幅が違うように感じました。

おかげで干渉は解消。
しかし乗り心地は微妙(笑)
Playzもいいタイヤだと思うんですが、やはり街乗り用に良いタイヤって感じですね。「楽ドラ」のコピーどおり、ステアは軽いんですが、路面を滑るような感じでグリップ感が掴みにくいです。限界がいつなのか・・・下手をすると滑ってるのかグリップしてるのか分からないときがありました。
もうちょっと皮が剥けてきたらフィールも変わるのかなぁ〜??

ま、75は『一応』足車なんでこれで良しとするか(笑)
ここまでメンテしても買い手は付かないんだろうなぁ〜。。。


posted by なかのふ at 12:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

パワステポンプOH

75のトラブルで、ウインカーに続き、懸案となっていたパワステポンプのOHを行いました。

まずは何といってもパワステポンプを外さなければなりません(笑)

ppoh1.jpg

写真のテンション調整用のプーリーの固定ナットを緩めます。プーリーが台座ごと下にスライドしますので、パワステポンプ用のベルトが緩み、ポンプから外すことができます。

ppoh2.jpg

次にパワステポンプに繋がるオイルラインを外します。ポンプ上部の黄色矢印2つのボルトを緩めます。事前にリザーバからスポイトでオイルを抜いておいたのですが、ホースに残っていたオイルが出てきました。タオルを回りに敷いて事なきを得る。
また、オイルが出てきてもいいようにホースにZIPLOCKのブリーザバックを被せました。今回初の試みですが、チャックが付いてるのでサッと密閉でき使い勝手が良かったです。(青丸部分)

ppoh3.jpg

無事摘出完了。

ppoh4.jpg

これが今回購入したOH用のパーツ。
基本的にはOリングとオイルシールですね。
パワステポンプを睨み付けたんですが、Oリングが入ってそうな部分は巨大な「+」ネジになっており、どう考えても我が家にはそれに見合うドライバーがありません。
Oリング付近からオイルのリークはなさそうなので、今回はリング交換はあきらめ、写真の青矢印のオイルシールのみ交換です。

ppoh5.jpg

ベルト式のプーリロックレンチを使い、センターナットを緩めます。

ppoh6.jpg

次にプーリーを外します。
専用のプーリープーラーは持ってないので、ギアプーラーで代用です。

ppoh7.jpg

プーリーが外れるとプーリーの位置決めをする半月状のキーが外せます。
これを外した後、今回お目当てのオイルシールが外せます。
オイルシールは見えてる面の内径部分にカッターで切れ込みを入れ、薄手のウエスを巻いたマイナスドライバーでこじって外しました。
ここでセンターのシャフトやシールの入るホールの外径を傷つけるとせっかくシールを交換してもオイルリークが出たり、エア吸いを起こしたりするので注意が必要です。

ppoh8.jpg

上写真、左が外したシール、右が新品です。
新しいシールをシャフトに差込み、19mmのメガネレンチを当ててプラハンマーで挿入します。円周が均等に入っていくように注意が必要です。

ppoh9.jpg

ここまできたら、後はポンプを車体に取り付け、ベルトをかけなおします。
最後にパワステオイルをリザーバから入れて完成。今回はペンゾイルを購入。


テストランに出ると、ステアリングが重くパワステが全く利いてない感触でした。リザーバを見るとオイルがありません。
予想通りなんですが、リザーバからオイルを入れて、アイドリングしただけではオイルがポンプ内に回らないようで、走ってステアを切った事で、ようやくオイルがいきわたり、それでも足りずパワステが利かなかったのでしょう。
予備で持ち歩いてたオイルを注入。これでパワステが利くようになりました。

感想としては、「75のパワステってこんなに利くの!?」と言うくらい、ステアが軽くなりました。
今まではエアを吸いながら利いていたので、フルに性能が発揮できていなかったんだと思います。
たった200円そこらのシールを換えただけで、この体感。かなり満足度が高いメンテナンスでした。

また走るのが楽しくなりますね^^

posted by なかのふ at 07:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ウインカーレバーOH

さてさて、前回ご報告しました75のトラブルのうち、ウインカーレバーについてOHを試みました。

winker1.jpg

まずはハンドルの下側から、コラムのボルトを外します。ネジ山は六角レンチの3か4だったと思います。計6本外せたら、コラムカバーが上下に分割されて外れます。
ボルトは長さが違うので位置を覚えておきましょう。(短い2本が運転者寄りです)

続いては写真の黄色矢印のナットを2つ外し、レバー上部についているコネクタ3つを抜きます。

winker2.jpg

そうすると無事摘出完了。

winker3.jpg

レバーの箱はリベット留めになってるので、なかのさんのサイトを参考にしてヤスリで頭を削り、リベットを抜きました。

winker4.jpg

お約束ですがいきなり分割してしまい、内部がどのようになっていたのか一瞬分からなくなりました(笑)
とくに写真の右下に移ってるボールはいったい何!?

winker5.jpg

悩んでいても仕方がないので、なかのさんから頂いたアドバイスを元に、レバーの先端部分にある半ドーム状のカバーを抜き、中のスプリングを伸ばしました。
スプリングが金属疲労で折れて短くなるのが主な原因みたいですね。

ボールは恐らく、ライトの切り替え時にクリック感を出すためのものと想像し、レバーの切り替え部分が当たる溝に落としておきました。たぶん正解のはず^^;

活字嫌いの私は、せっかくの前例であるなかのさんのサイトを熟読していなかっため、外したリベットの代わりのネジを調達していませんでした。。。
仕方がないので、タイラップで縛って仮組み。75でホームセンターまで買出しに行きました。

しかし、道中でOH前よりは症状が回復したものの、特に右折でウインカーを出した状態で固定できない現象が再発です。

ネジを購入して帰宅後、対策その2を実施。

winker6.jpg

先ほどの半ドーム状のカバーが、ウインカーを出した時に嵌まり込む溝を、半田ゴテで溶かして凹凸をハッキリさせます。
ここのドテが磨耗で小さくなるため、出したウインカーがダンパーの力に負けて戻ってくるんですね。

winker7.jpg

今回はネジでしっかり止めて、完成です。
75に組み込んでも、今回はしっかりとウインカーを出した状態で固定されます。

メデタシメデタシ。

posted by なかのふ at 12:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

トラブル発生

NOVA友の「タケちゃん」のフランクさが妙に気になってるなかのふです。皆さんこんばんは。

スパムが異様に多いので、メルアドを変更しました。
左の「はじめに」を参照して、お手数ですがアドレス長の修正をお願いしますm(_”_)m


さて、先日ちょこっと触れてました75のトラブルの件。

@コーナリングでフロントがふらつく
Aウインカーが出した状態で固定できない
Bパワステリザーバからオイルが噴きまくる

こんな感じです。

@は多分アライメントでしょう。タイヤも交換したい所なので、セットでやろうと思います。

Aは分解して対策する予定。
半田ごてを使えばオーバーホールが可能との噂を聞いているので、チャレンジしてみます。

Bは予測ですがポンプ本体のオイルシールからエアを吸ってリザーバに吹き返してるのではないかと思います。
これも部材を入手して、ポンプのOHをしたいと思います。


ABはいずれもなかのさんのサイト情報です。ほんといつも参考になり助かります^^

まずはAを週末あたり挑戦ですね〜。

posted by なかのふ at 23:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

HAPPY BIRTHDAY!

憧れの相武紗季ちゃんから、私のお誕生日を祝うハガキが届いた。

bthd1.jpg

なんでも500円の割引と、プラスなにかプレゼントをくれると言うので、最近油圧がタレ気味の75のオイルを買うべく、AB尼崎店に向かった。

購入オイルはelfの15W-50鉱物油。いつものヤツです。

bthd2.jpg

レジで相武紗季ちゃんに似ても似付かない女性からプレゼントを渡される。なんでもオレンジ柑橘系の室内用芳香剤のようだ。(写真左下のオレンジのヤツ)
ま、こんなことはどうでもよし。


bthd3.jpg

自宅に戻り、早速75をジャッキアップ。
最近、排気音に共振するような異音が聞こえていたので、ついでにウマかけて下に潜れるようにしました。

bthd4.jpg

度重なるオイル交換時の惨事のため、我が家の駐車スペースは恥ずかしいシミだらけ。
今回はようやく学習して、オイルパックンの下に要らない玄関マットを敷くことを編み出しました。(サルヂエ)

これが意外に便利で、マットごとパックンを引き出したり、マットを持ってパックンを運べたりと大活躍。
何事もやってみるもんですな。

オイルは慣れたもんで10分もあれば交換完了。
続いて異音の原因を探ります。

bthd5.jpg

ありました。
エンド部分でスペアタイヤを収納するトランクの底部分とマフラーが当たっていました。
以前、マフラーとリアバンパーが離れててかっこ悪かったので、ハンガーを曲げて吊り上げたため、こちらが干渉するようになったのでしょう。

ハンガーを再整形して作業完了。


テストランは異音も消えて快調そのもの♪
油圧も0〜3.5barくらいで低めだったのが、4barで安定しました。


しかし、不具合は続くもの・・・

昨日のトラブルは次回へ続く!
posted by なかのふ at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

配線直し

先日、75をブロアファン修理に出した後、オーディオを自分で取り付けなおしたのですが電源が入りませんでした。
代わりにキーを捻ると右リアスピーカーから一瞬ノイズ音が出る。どうやら配線を間違えて繋ぐがれたらしい。

こんな事のないように、デッキからハーネスを外して配線は纏めといたのですが・・・。
先日の右リアスピーカーの配線を引きなおしてコンソールの下を通ってるもんだから、ダッシュをバラす時に配線が邪魔になって外されちゃったのね^^;

75avc.jpg

私が左手で持っているのが例の引きなおしたスピーカー配線。スピーカーの(+)だったので赤いケーブルで引いたのですが、作業してくれたプロはアクセサリ(ACC)配線と勘違いして車側のACCと繋いじゃったみたい。それでキーを捻ってACCがONになるとスピーカーが通電してノイズが出てたのね〜。

正しく繋ぎなおして完了です。ハイ。


やっぱ適当に修理してると、自分以外の人が見たときに困るんですなぁ。。。反省。
posted by なかのふ at 01:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

ブロアファン交換

え〜、実はコッソリと75を入院させてました。
誰に隠れる必要があるわけではないのですが(笑)ブログアップする前に、早くも今日退院してきたので、入院の報告をするタイミングを逸してしまいました^^;

blowerfan.jpg

これが交換後のブロアファン。
ファンのモータ部分の抵抗が大きくなり、レジスタが焼け焦げたりしたので交換したんですが、手で回してみるとツッカエたりする感じはありません。おそらく、ブロアファンの不良ではなくダッシュの内部で何かと干渉して抵抗が大きくなったんでしょうね・・・。
まあ、このモーターは鬼門らしいのでいずれは交換することになったんでしょう。

それよりも重要なのがエアコンユニット内部の清掃です。
75は構造上、落ち葉などがユニット周辺に侵入し、グサグサ蓄積されていきます。
結果、周辺の金網が錆びたり、ドレンが詰まって運転席足元に水が溢れてきたりします。
今回、プロにお願いしたのはこの辺りの清掃も綺麗にしておきたかったからなんですね〜。

エキパンが手に入らなかったので一抹の不安は残りますが、これで3〜5年は空調の心配はなくなりました^^
posted by なかのふ at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

エアクリ清掃

最近、75の低速域でのエンジンフィールが悪くなっているのが気になっていました。
エンジンオイルを換えてからはまだ1000kmくらいしか走ってない。となると、原因はエアクリーナーでしょう。
そういえばスッカリ忘れてずいぶん清掃してなかったような気がします^^;

このブログにも何度か書いていますが、うちの75は純正交換タイプの湿式スポーツフィルターを入れています。

75ac.jpg

エアクリボックスから取り出し、フィルターの裏面から水を流し、流水で大きなゴミを流します。
次に専用液体クリーナーを染み込ませ、細かい埃などを取り除きます。
半日くらい放置して、水分がなくなったらスプレータイプの専用オイルを吹きつけ、10分くらい放置して全体に染み渡るようにします。
(写真はオイルを拭きつけ放置している様子)


エンジンの性能を引き出すための3台条件は、

・良い混合気
・良い圧縮
・良い火花

です。この「良い混合気」を作るためには「良い空気」が提供されないとダメなわけですから、フィルターが詰まって調子を落とすのは当たり前。
もうちょっと気を使って小まめに洗ってやろう・・・。


反省。


posted by なかのふ at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

車検リベンジ

今日は無理やり有給を取って車検のリベンジに行って来ました。

ユーザ車検の予約は第3ラウンド(昼から)だったので、午前中にJWLと車高の対策を行います。

syakenr1.jpg

まずは先日手に入れたノーマルホイールに換装します。今回はもう一つの秘策のために、わざわざ前後とも上げて馬をかけました。

syakenr2.jpg

そして今回の秘策とはこれ。
要は一番地面に近い場所、つまり触媒のおなか部分が地面から遠ざかればいいわけですから、青い矢印の間隔が馬から下ろしたときに9cmあればいいわけです。
そこで写真下段の強化マフラーハンガー(左)の出番になるわけです。
右のハンガーがノーマルなんですが、強化の方がやや長さが短く、ゴムも硬いため、伸び切らずにマフラーを高い位置で吊り下げてくれます。
これでトーションバーをいじって「車高」を上げなくても、「最低地上高」は高くなるわけですね^^

syakenr3.jpg

で、ノーマルホイールになった75です。
実は1号機から含めて、自分の75にノーマルホイールを履かせたのは初めてです。
今回のタイヤは前出のとおり、ノーマルよりも扁平を1つだけ高くしてます。タイヤ直径では1cm以内の変更ですので、スピードメーターにもほとんど影響のない範囲でしょう。
先の秘策と併せて、おそらく1cmは地上高が稼げたはず。

ロナールを履いてる時で8cmくらいの地上高でした。またロナールについてるタイヤはほとんど溝がないので、新品タイヤに比べると5mmは車高に影響していると思います。
先ほどのノーマルタイヤで直径1cmの差は、タイヤが新品時の話ですので、この磨耗分を含めると、ロナールでNG食らった時よりも1.5cmは上がっていると考えられます。あとは念のために、空・・・圧を・・・3・・まで入・・・てやってから検査ラインにGo!


結果は見事クリアでした(笑)

syakenr4.jpg


めでたしめでたし。
posted by なかのふ at 23:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

ノーマルホイール入手

デジカメとノートパソがなくなって、すっかりブログ更新意欲をそがれてしまったなかのふです。みなさんこんばんは。

tier.jpg
やっぱ携帯だと夜の撮影は厳しい〜。

とりあえず、主治医にお願いしてノーマルホイールを譲ってもらいました。
そして中古タイヤを売ってるお店で185/65R14を購入。
これでJWL問題はクリアですね。

そしておそらく車高問題もクリアできるはず。

ヒントは・・・

@正確には「車高」ではなく「最低地上高」
Aロナールに付いてるタイヤは185/55R15

まあ、これだけじゃなく車高問題にはもうひとつ秘策を用意してますがね(笑)
posted by なかのふ at 21:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

75車検・・・だめポ

本日、75の車検期限であったため、仕事は有給をとってユーザ車検に出向きました。

syaken071.jpg

まずはO2の制御を本国仕様にしていたため、大気開放しているブローバイの配管をノーマルに戻します。黄色い矢印の配管に、手で持っている大気開放用の配管を継ぎ足していましたが、これを外します。

syaken072.jpg

続いて、助手席足元の黄色いリレーを取り付けます。これで日本出荷仕様となります。


syaken073.jpg

ジャッキアップして下回りのチェック。オイルで湿っている部分を適当にフキフキ。ブーツ類は問題なさそうでした。

さらには灯火類なんかもチェック。2年前にNG食らったナンバープレート灯も問題なく点いてます^^


syaken074.jpg

いつものガススタで自賠責をきり、支局で書類を準備していざ検査ラインへ!


しかしココからが大変でした・・・。
ラインのテスト項目順に沿って記載します。

@外観・灯火類チェック
まずは車体番号を探すのに手間取り、結局トランク内のスペアタイヤ横にありました。トランクを閉めた際、前述のナンバープレート灯の電球が外れたようで、2年越しで灯火類がNGとなりました(泣)

Aサイドスリップ、ブレーキ、スピードメーター
ここは問題なし。

B光軸チェック
左だけNG。

C下回りチェック
最低地上高がNG!(9cm必要のところ7cm)
さらにはアルミホイールに「JWLマーク」がないのでダメとのこと。

Dガス検査
問題なし。



結局4項目NG・・・。

光軸、ナンバー灯は問題なく直せるとして、地上高は痛いな。足回りのリフレッシュをした時に車高を下げたのが響いているようです。

それにしても「JWLマーク」ってなによ!?
とりあえずスペアタイヤとして積んであるノーマルアルミも確認するが、そんなマークは付いていない。
ネットやなんやで調べてみると、

jwl.jpg

こんなマークのことを指し、アルミの製造基準をクリアした製品に刻印されるらしい。
とりあえず、RONALの代理店を探して問い合わせしてみたが・・・

店員さん「ああ、昔のは打刻してないですよ。最近のでも海外メーカーのアルミじゃしてたり、してなかったりですね〜。車検?ああ、チェックされたのは運が悪かったんでしょうww」


むはぁ・・・。今日のオヒツジ座は占いで1位だったのに。
とりあえず、タイヤの空気圧を上げて、光軸を修正、ナンバー灯も付け直して再度ダメもとでラインに挑む。

ナンバー灯、光軸は問題なくOK。
地上高は頑張ったんですが8cmちょいまでしか上がらずNGでした(涙)

そしてJWLについて、「古いホイールだから規格ができる前だ!」と主張するも通らず。検査員と協議の結果、「ノーマルホイールなら車のメーカーが採用しているものなのでOKだろう。【ALFA ROMEO】の打刻のあるホイールを履いて来い。」との結論になりました。

この時点で14時過ぎ。
今からノーマルホイールを探して車高を上げるのは不可能と判断し、市役所に走って臨時ナンバーを取りました。

とりあえず最近行ってなかった主治医に行って、ノーマルホイール譲ってもらうか・・・。
posted by なかのふ at 16:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

燃料系調査、復旧!

車が2台とも不動、年始の体調不良、仕事始め早々の激務が重なり、ブログはしばしの休息を頂いておりました。
しかしながら、この3連休で体のほうは復活です!あとは車を復活させるだけ(笑)

てなわけで、本日はさぶかわにAM中手伝ってもらい、75の燃料がこない原因を探っておりました。

fp1.jpg

まずはジャッキアップして車体下のポンプをチェック。
「P」がポンプで「F」がフィルターです。
黄色い矢印の電源を外し、間にテスターをかまして、キーをACCまで捻った時に12Vが来ているかチェックしたところ、なんと来ていません!

次のチェックポイントはなかのさんのサイトで拝見したフューエル系の電源を中継しているコネクタの焼け焦げの有無です。

fp2.jpg

助手席のグローブボックスを外し、一番右のコネクタに問題の配線が集約されているようです。

fp3.jpg

見事に焦げております。これが原因と見てほぼ間違いないでしょう。。。

fp4.jpg

このピンクの配線をコネクタの両側で切断し、新しい端子でバイパスしてやりました。

結果、エンジンは一発で始動。
年始早々、Oちゃんに部品の相談したり騒いだ割にはたいした原因ではありませんでした(涙)
不動になった場所でなかのさんのサイトがチェックできればその場で直せたなぁ・・・(下にオートバックスあったし)
まだまだ未熟ですね^^;
posted by なかのふ at 14:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

75不動・・・

いや〜、今年は余ほどエンスーの神様に愛されているらしい。

75がこの大晦日の最中、買い物に出かけた先で不動となりました。現象的には、セルは回る。最初はエンジンがかかりそうになるが、火は点かず、セルが回るだけの状態になる。

おそらく点火系か燃料系でしょう。
個人的にはフューエルポンプあたりが怪しい気がしますが、デスビとかもありえるのかな??

sekisya1.jpg

某施設内の立体駐車場だったのでライトバンで牽引してもらってから・・・

sekisya2.jpg

晴れて積車に搭載。
積車は75の1号機でクラッチレリーズが抜けて以来、2度目です。


年末年始、どこにも行けましぇーん(涙)

広島で止まらなくて良かった・・・。
posted by なかのふ at 16:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

ブレーキOHキット

brkohkit.jpg

FLMCで75用のキャリパー&マスターシリンダーOHキットがセールになっていたので思わずストック。

だんだん75用のストックパーツが押入れを占領し始めてきました。
いつ使うか分からない部品を集めだしたら立派な中毒症状ですね。。。
posted by なかのふ at 21:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。