2005年11月01日

ガレージ引き払い

ジュニアの記事を書くのはこれが本当に最後でしょうねぇ・・・。
選手末、月が変わることもあってジュニアの車庫を引き払いました。

ジュニアをこの車庫に入れるにあたって、オイルが滴っても大丈夫なようにシートを敷いたりしてたんですが、それらも全て剥がしました。
また、ジュニアのマフラーからは排ガスと一緒に黒い油が飛ぶわけなんですが、これもコンクリの床で少し染みになってました。
水で洗い流すも少し黒いまま。うーん、大家さんに怒られるかなぁ〜?


garage.jpg

片づけが終わったガレージはひどくガランとしていて、まるでそこには何もなかったように思わせます。
でも、確かに半年間、ジュニアはここにあって、私にいろんな思い出をくれました。
この経験を元に、いずれまたジュニアに・・・!
posted by なかのふ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

お嫁入り

jdona1.jpg

ついにこの日が来てしまいました。そう、新オーナーへの引渡しの日です。
私のたっての希望で、ジュニアのラストドライブを兼ねて新オーナーの元まで納車をすることとなっていたため、届け先である石川県に向かうべく、深夜3時半に出発しました。
この車庫にジュニアが納まっているのを見るのもこれが最後です。。。

石川県には、以前インプレッサに乗っていた時に一度行ったことがあります。
その時、思い出深かったSAなどをなぞりながら向かいました。
まずは尼御前SA。

jdona2.jpg


jdona3.jpg

このSAは徒歩で一般道に出ることができ、一般道を渡るとすぐに日本海を見渡せる公園に出ます。
ここから見渡せる松と荒海はすばらしい景色です。


続いては金沢の手前にあるハイウェイオアシス徳光PA。
ここもPAからすぐ日本海の砂浜に出ることができ、日本海を間近に見渡せます。
今日は生憎の曇り空でしたが、以前来たときは青空に海が映え渡り、やはり美しい景色でした。

jdona4.jpg

jdona5.jpg


目的地の金沢に着くと、待ち合わせは昼前だったんですが、やはり以前立ち寄った温泉に入りたく、朝風呂に向かうことにしました。
お目当てはちょっと隠れたように佇まう「曲水苑」。メジャーなのはもう少し山手にある湯桶温泉らしいんですが、以前たまたま見つけて入浴し、山の景色を見ながら入る露天が気に入って、また来たいと思っていた温泉です。


jdona6.jpg

jdona7.jpg

せっかくの景色だったんですが、やはり曇り空のため以前のような感動までは得られませんでしたが、懐かしさも手伝っていい湯をいただきました。


温泉から上がって、某ファーストフード店で遅い朝食をとっていると、とんでもない豪雨が降ってきました。

おお・・・ジュニアよ!これはお前の涙なのか!?

などと少しセンチに浸っていると新オーナー様から電話が・・・。
少し早めに準備ができたとのことなんで、待ち合わせの某所に向かいました。


jdona8.jpg

一通りの説明なんかをして、書類をお渡しし、お昼をご馳走になったところで解散。
駅まで送っていた時、新オーナーさんの運転するジュニアを眺め、最後のお別れをしました。
すごく切ない思い出となりましたが、この半年間のジュニアとの生活は、私のロメオライフにとっても大きな経験となりました。
今後はスパイダーと75の2台体制になりますが、いずれは105に戻りたいな。

新オーナー様、末永くお幸せに!
またどこかのイベント会場でお会いしましょうね^^
posted by なかのふ at 19:09| Comment(11) | TrackBack(1) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

嫁入り準備

今週末の嫁入りを控え、今日は休暇を取っていろいろと準備をしていました。

具体的には、新オーナーさんがノーマルホイール、ステアリングをご希望だったので、換装作業ですね〜。
ノーマルタイヤがチューブタイヤなんで、空気を抜いて保管していたため、いつものガススタンドにGO!
エアを入れたら家に持ち帰ってジャッキ作業にしようと思ってたんですが、若干風邪気味でだるかった事もあり、そのままスタンドのリフトを借りて作業しました。(店長さん深謝!)

んで、車庫に戻るとステアを交換して完了!

yomeiri2.jpg
yomeiri1.jpg

久々にノーマル状態を見ましたが、いや〜タイヤ細い(笑)
ステアも細くて径がでかいから回しにくい(笑)
しかもボスがない分、イタポジになるので太ももがステアに当たってヒールトゥも踏めねぇ〜(笑)

まあ、ノーマル状態から徐々に自分好みにしていくというのも楽しいので、新オーナーさんに頑張ってもらいましょう〜♪
posted by なかのふ at 20:35| Comment(3) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

嫁入り日程

ついに・・・
ついにジュニアの嫁入り日程が決まってしまいました。
22、23日に私が金沢周辺まで乗っていって引渡しということになりました。

今週にでも嫁入りか?と思っていたので1週間別れを偲ぶ時間が増えたこともあり、せっかくなんで今週末の「チャオ・イタリア」にでも行ってみようかと思います。

まあ、いろいろと想いがあり書きたいこともたくさんあるんですが、とりあえず今は心にとどめておきたいと思います^^;
posted by なかのふ at 22:29| Comment(4) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

嫁ぎ先決定

え〜、長らく売り先を求めていましたジュニアなんですが、昨日嫁ぎ先が決定しました。
たまたまなんですが、私と同い年の石川県の方です。

納車まであと2週間くらいですので、それまでに次期オーナーに引き渡す準備と、悔いのないように乗っておきたいと思います^^;

取り急ぎご報告まで!
posted by なかのふ at 09:29| Comment(5) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

ブッシュ交換完了!

昨日、主治医よりブッシュ交換が完了したとの連絡があったので、今日取りに行ってきました。

取り替えたブッシュを見せてもらったのですが、ボディ側はさほど劣化が進んでなかったのですが、シャフト側がボロボロでした。

bush.jpg

これは食べかけのドーナツではありません^^;
真っ二つに割れちゃってますね〜。こりゃオシリフリフリになるわなぁ・・・。

家に帰るまでの道中でリフレッシュした足回りを堪能したのですが、やはりシャキッとしていいですね〜。
あと1速でのジャダーもブッシュを変えた後は出なくなったとのことです。
確かに帰りの道中でもジャダーはなくなってましたね。(バックは相変わらずですが)
ついでにドラシャやカップリングもチェックしてもらったのですが特に問題はないとのこと。
もし里親希望の方が現れたら、比較的いい状態でお渡しできそうです^^

里親募集はコチラ!
posted by なかのふ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

今後の予定♪

現在、入院中のジュニ君ですが、おそらくお盆空け過ぎには帰ってくるかと。

んで、その後なんですが夏休みも取るので、ちょっくら遠出したりイベントに参加しようかと思ってます。
んで、今考えてるスケジュールをご紹介。

8月26日:深夜神戸を出発、GO East!
8月27日:10時AM 箱根カフェジュリアに行ってみたい!
昼以降、横浜の知人宅で豪遊。
8月28日:下道で関西に帰ってみる。道中のんびり帰りたいなぁ〜。

9月 4日:所属するクラブのミーティングに参加。兵庫の滝の社付近。

9月18日:岐阜のジュリア系イベントに参加。


とまあ、こんな感じです。
もしジュニアを見学希望の方はお盆明け以降になります。
もちろん、足回りのブッシュ交換した状態でお渡しできますので気持ちいいと思いますよ^^
売るのが惜しくなりそうで怖いのですが(笑)

また、上記の旅程中やイベント会場でもジュニアを見ていただくこともできるかと思います。
もし見てみたいが神戸は遠い・・・と思ってらっしゃる方。8月末は神戸〜横浜まで往復しますので、その間か東京周辺までなら足を伸ばせると思います。見学希望の方は予定を合わさせていただきますのでメールでお問い合わせください!

問合せ先、ジュニアの詳細情報はコチラ!
posted by なかのふ at 20:58| Comment(3) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブッシュ交換入院

今日、ようやくジュニアを主治医の元に送り届けました^^;

行くと車検上がりっぽい75があったので、ひょっとするとアレがリンクを貼らせて頂いてるyapさんの75かな?(笑)

とりあえずブッシュ交換は今回のメインの作業なんですが、今日の道中で1速でクラッチを繋ぐ時に不正振動が出るようになりました。バックするときの振動にそっくりの現象です。
とりあえず、これも一緒にチェックしてもらえるよう主治医にお願いして帰宅しました。

このジャダーっぽい現象は多分、プロペラシャフトのブレかクラッチだろうとのこと。
まあ、どうせ預けるんで全部直して貰っちゃいますか^^;
また金かかるなぁ( ̄- ̄;;
posted by なかのふ at 00:09| Comment(1) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

ウインドウ閉まらない!

現在、足回りブッシュ交換作業を控えたジュニア君ですが、いよいよ水曜日あたりに主治医の元に入院する事になりました。
で、今日チェックをしていたところ、なんと!運転席のウインドウが閉まりません(笑)

この現象はジュニアがうちに来た当初も発生した現象で、その時はアウトパルコさんの協力を得て修理しました。
その時の手順が今回役に立ちました^^;

window1.jpg

まずはいつもどおり(?)内張りを外します。もう手馴れたもんですな。


window2.jpg

こういう感じでスライドレールからガラスが脱落してました。


window4.jpg

図にするとこんな感じですね〜。
ネジ1と2を外して、左側のレールを一旦取り外し、ガラスを嵌め直した後、ネジで固定しなおします。

window3.jpg

ちなみにネジ1はドアのサイド部分の黒いキャップを外すと見えます。


window5.jpg

で、元通り組み付けウインドウも無事上下するようになりました^^
最後の最後でデジカメの充電が切れて、携帯のカメラで撮影。うーん、フラッシュないと暗いですね〜。

今回の事で色々推測したのですが、窓開けたままドアを思いっきり閉めると脱落する場合があるのかな?
まあ、マセなんか窓開けたまま思いっきり締めるとガラスが割れる車種もあるらしいんで、脱落くらいマシな方かな(笑)
posted by なかのふ at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

除湿機導入!

いやぁ〜、ジメジメ蒸し暑いですね。
そろそろ梅雨も明けそうなんですが、夏場も湿度は高いです。湿気は鉄ボディの大敵ですからねぇ・・・。
そこで、以前シトロエンDS21でds21-noir氏がやっていた除湿機による室内乾燥をやってみました♪

しかしまず我が家には除湿気がない!
近所のリサイクルショップに行った所、そこそこコンパクトなタイプが5000円ほどで購入できました^^

家に帰って早速ジュニアの車庫に向かい、室内にセットしました。

jyositsu.jpg

電源を入れて約半日ほど放置。
たっぷり1.5Lほどの水分が取れていました。
こうやって考えると、空気中の水分ももちろんあるんでしょうが、シートなんかに含まれる水分も大分あるんでしょうねぇ。。。
梅雨から夏の終わりにかけては、定期的に乾燥してやった方がよさそうです^^
posted by なかのふ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

リバースランプ〜その後

先日お伝えしてましたリバースランプの点灯しない問題なんですが、その後Oちゃんの愛弟子(?)のYさんからメールをいただき、情報を入手しました!

Y氏によると
「ジュニアのリバースランプはポジションランプと連動してるよ〜。ポジション付けた状態でバックギアに入れてごらん。」
とのことだった。

んん〜??
ポジションが点いた状態でないとリバースランプが点かないなんて・・・?
本国では昼間はリバースランプが点かなくてもいいってことなのか!?
それって危なくない??

まあ、とりあえず実験する事に。

とりあえずエンジンがかかってない状態でギアをバックに入れて・・・
backl1.jpg


ポジションON!!
backl2.jpg


ぬおおおお!!
点いた〜〜〜 (T-T)

まったくイタリア人の考える事はサッパリ理解できません(^-^;
posted by なかのふ at 02:10| Comment(5) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

リバースランプ

先日、アライメント測定をした時、スタッフの人がテスターに乗せるところを外から見てたのですが、バックギアに入れた時リバースランプが付いていませんでした。

車庫に帰ってからレンズを外して電球をチェックしたところ・・・
うーん、問題なし。。。
ってことはスイッチなのかなぁ〜?

その後、Oちゃんのトコにお邪魔した際、スイッチが在庫あるか聞きました。

「うーん、あれどうしてるんだろね?ここ数年部品取り寄せた事ないんだよ。作ってないんじゃないかなぁ〜。」

なんてこったい!
そこからOちゃんも各所に問い合わせしてくれました。
結局、部品は取れないことはなさそうなんですが、新たな問題が発覚!
なんと、ジュニアのリバースランプスイッチは、ミッションケースの中に入ってるらしいんですね〜♪

75なんかはケースの外からネジリ入れてるんで簡単に変えれるんですが、こいつはクラッチオーバーホールの時にでも一緒にしないといけないのか・・・!?

悩んでるとOちゃんが

「手動でランプが付くように配線引きなおしてスイッチ付けたら?車検の時もギア入れながらスイッチ入れればバレないよ(笑)」

うーん、名案(笑)
とりあえず、主治医に軽く相談して、やはりケース開けないとダメとなればそうしようと思ってました。
んで、昨日真っ直ぐ走らない症候群の相談でお邪魔した時、クチビルゲ様がジュニアに乗ってるのを外から見てると・・・

「ランプ点いてやがる・・・(怒)」

うーん、相談する間もなく解決。
でもスイッチは磨耗でヘタるから一時的に接触良くなってるだけかも。。。
再発したらまた考えよう。。。
posted by なかのふ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

真っ直ぐ走らない症候群〜解析編

先日から発生している「真っ直ぐ走らない症候群」ですが、早いトコ主治医の元にジュニアを持っていきたかったものの、連日の雨で動けない状況でした。
本日、ようやく晴れ間となりましたので仕事が終わってから主治医の元へ。
道中、やはり例の症状は出ている。うーん、コワイ(笑)

到着し、とりあえず症状を説明。
主治医のクチビルゲ様(小間使い担当?)がジュニアに乗り込み現象を確認。

「やっぱリアがだいぶふらついてますね。多分ブッシュじゃないかな〜?」

最悪、ボディのクラックも覚悟してたので、とりあえずホッと一息(^-^;
メカニック担当のダダ様の手が開くとリア側をジャッキアップ。

rbush.jpg

写真の矢印部分、トレーリングアームのブッシュ(左右計4箇所)がボロボロになっているとのことだった。

ダダ様いわく。

「まあ、もともと真っ直ぐ走る車じゃないですからねぇ・・・」

うーん、身も蓋もないなぁ(笑)

「ま、ま、このブッシュ変えたら完全に直進性が出るわけじゃないですが、劇的に良くはなると思いますよ〜」

前オーナーの情報ではある程度ブッシュ周りは一度交換しているとのことだったのだが、ダダ様の話を更に聞くと、すごい事実が判明した!
なんと、弱ったブッシュを交換せずに本来不要なウレタンのシムをブッシュの横に咬ましたりしてブッシュの補助をさせていたようだ。
これでは一時的に良くはなっても、結局今回のようにブッシュがボロボロになった時、役に立たなくなるようだ。

ブッシュだけなら自分で変えようかとも思ったんですが、このあたりをキレイにしていただくことと、ダダ様からの注意事項でブッシュを外す時にかなりの圧力をかけて抜かないといけないが、ジュニア世代のアームは弱いので簡単にアームが曲がったり、接面部分が外れてしまうとのこと。
結局、後日入院する事となりました(T-T)

今回、タイヤを幅広にして、ハイグリップにしたことで、ブッシュへの負担も大きくなり弱っていたブッシュが一気にヘタってしまったようです。。。
やっぱりノーマルの設計って良くできてるってことなんでしょうねぇ〜。
とりあえずボディクラックじゃなくって良かった(^。^;
posted by なかのふ at 23:44| Comment(5) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

ルームランプ

ジュニアのルームランプはリアシートに座る人が持つ吊り革部分に付いています。
しかしこれがタマ切れを起こしているのか夜になると真っ暗で室内は地図すら見れなくなります。
早速カバーを開けてタマを交換することにしました。

rooml1.jpg

開けてビックリ。
タマ自体入っていません。
仕方がないのでタマを買って来て装着!
スイッチON!!

rooml2.jpg

むぅ・・・無反応( ̄- ̄;;
どうやら配線側に問題があるみたい。

家に戻って過去のジュニア関係のメールを読み返すと、前オーナーから頂いたメールの今後の要メンテリストに「ルームランプの配線引き直し」の項目が・・・。

ああ・・・俺っておバカさん。
posted by なかのふ at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

アライメントその後

今日、先日アライメント調整をしてもらったタイヤ館に再訪しました。
で、まだ直進安定性が得られない事と、4輪でアライメントを取り直して欲しい旨を伝えたのですが、サービス担当の方が

「うーん、このお車はリアのアライメント調整はできないんですよ・・・。リジッドからそのままハブやホイルが着いてるんで・・・。」

だそうです。
うーん、ってことは直進安定性がないのはアライメントじゃないってことかな??
そういえば、よーく挙動を観察すると、アクセルのON/OFFで左右にぶれてるような・・・
うーん、謎だ。
とりあえず主治医に相談してみるかなぁ・・・。

(つづく?)
posted by なかのふ at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

タイヤ交換

ジュニアのタイヤを交換しました。
え?先月変えてなかったっけ?って??

はい、変えたとこなんですけどね・・・。いろいろ不満があったわけなんですよ。

・1速の加速で頭打ちが早い
・グリップが良すぎてボディへの負荷がすごそう
・ハンドルが重い

んで、タイヤのグレードを1つ落として、扁平率も上げれば1速の加速感も良くなるかな〜と。
そこでBS「Playz」の185/60R14だったんですが「B-Style」の175/70R14に変えました。
先日の箱ミで見てたんですが、このサイズ履いてるジュニアが多かったんで参考にさせていただきました。

結果は加速は良くなるし、ハンドルは多少軽くなって曲がりやすくなるし、径がでかくなったからメータ誤差もほとんどなくなりました。
肝心のボディへの負荷も心なし少なくなった気がします。(体感的に)

175.jpg

上から
・ノーマル、ミシュラン「155R15」
・BS、Playz「185/60R14」
・BS、B-stye「175/70R14」
です。見た目的にもPlayzは少し小さい感じでしたが、B-Styleでいい感じになった気がします。

で、わずか1ヶ月でお払い箱となった「Playz」なんですが・・・
なんとプジョー106が185/55R14なんですね。
扁平率が多少大きくなりますが、許容範囲ということでプジョー106の友人にB-Styleが買える値段で売りつけました^^;
まあ、友人も得した事ですし、私も工賃だけで理想のタイヤに変わったんでWin-Winの精神ですね♪
posted by なかのふ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

アライメント調整

タイヤを185に替えてから、ハンドルを取られるような感覚が出始めました。
まあ、タイヤが太くなってるんで多少路面を拾うのは仕方ないんですが、結構気になってたんで何とかしたいなぁと思ってました。
しかしアライメント調整とかは4〜5万かかるイメージがありますし、どうしたもんかなぁ・・・と思った矢先に、近所のタイヤ館で「アライメントテスター完備!」っていう広告が上がってました。
んで、ちょっと相談したところリアは調整箇所が少ないのでフロントだけ調整すればOK。フロントだけなら1万5千円とのことだ。
物は試しと思いお願いしてみました。

早速リフトに上げられるジュニア。
なんかリフトされる愛車は切なく見えてしまいます。。。
alignment1.jpg

んで、タイヤ館が持ってる車両のアライメントデータを照合するのですが、なんと!ジュニアのデータもありました。これにはビックリ。整備マニュアルとか持ってこないとダメかと思ってたんですがラッキーです。

4輪にこんな器具をつけます。
これがタイヤの角度を検知し、コンピュータにデータを流すみたいです。
alignment2.jpg

んでこっちがコンピュータ。現在の切れ角などが表示されます。
alignment3.jpg

結果、フロントのトー角がかなりネガ側になってたようです。
これを修正してもらい、直進安定性は向上するでしょうとのお言葉。

で、走ってみた感想ですが、コーナリングは安定しました。
進入角度がビシッと決まる感じですね♪
でも、直進時にハンドルを取られる感じは消えないどころが、多少ひどく(鮮明に)なったような・・・。
やっぱ4輪とも調整してもらった方が良かったのかな??
posted by なかのふ at 21:55| Comment(5) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

ドアノブ大破(T-T)

連日80を超えるリーダーの皆さんに支えられ嬉しい限りです。
今日なんか100HIT超えちゃってますよ!
最初は自分自身の記録のために書いてたんで、文章も稚拙で申し訳ない限りなんですが、これだけ沢山の方に読んでいただけるというのは本当にありがたいことです。

というわけで、本日は二本立てということで感謝の気持ちを表現したいと思います(笑)

先日からノブが上がったまま動かなくなる症状が出て何度も微調整をしている助手席のドアノブなんですが、先日のTDM(ツール・ド・箕面)でまた再発しました。
出先で工具も積んでなかったので、どうやって直そうかと思ったんですが、とりあえずドアは閉まるのと、室内からは開けれることからとりあえず一旦帰宅しました。

毎回思ってたのですが、二本ある固定用のナットの奥のほうがスパナでは締め難く、小型のラチェットが必要なんです。
で、今回車載工具もなく往生したため、ついでに最低限の工具をそろえることにしました。

nobux1.jpg

小型のラチェットと差し替え式のドライバーとソケット類のセットに小型のコンビレンチセット、あとは応用の効きそうなプライヤーにLEDのライトです。
これだけあれば多少はマシかな?(笑)

で、さっそく小型ラチェットを使ってノブのナットを締めていきます。
すると・・・

『バキッ!』

!( ̄□ ̄;;;)

nobux2.jpg

オーバートルクでボルトを根元から折っちゃいました・・・。(青い丸の部分)
うーん、これは困った・・・
ノブは上の部品の形で取り寄せると確か3万前後したような・・・
お金もさることながらノブがないまま走るなんてハズカシ〜〜〜!

うーん・・・うーん・・・あれ?
そういや前オーナーのA氏に頂いたバックアップパーツの中にノブがあったような・・・
パーツを入れてるダンボールを漁ると・・・

あった〜〜♪
とりあえずこれで復活できそうです^^
慎重にバラしていくとなんとその構造にビックリです。
このドアノブ、例の2本のナット以外には赤い丸の裏側の部分でドア内側の開閉レバーに連動するステーに止まってるだけで他は全く固定されてません。
肝心のドアを開ける時の黄色丸部分の金具もドア側には固定されておらず、絶妙な設計の上で押し込むだけの作りになってました。(うーん説明しづらい)
これじゃちょっとズレたら黄色の部分が押し込まれる台座を外れて引っかかり、ノブが上がったままになるわけです。

まあ、根本対策も難しいのでバックアップのノブを取り付け作業完了です。
(今回はねじ切らないように慎重に作業しました^^;)

まあ、左右のドアノブのキーが別のものになっちゃいましたがとりあえず良しとしましょう。
皆さんオーバートルクにはご注意を^^;
posted by なかのふ at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホイールナット

nut1.jpg

以前、ホイールをアルミに交換した際、左後輪のみが逆ネジナットになっていたため古いナットのままでした。

先日の箱ミでOちゃんが逆ねじ用のGTAナットを持ってきてくれていたので昨日交換完了!

nut2.jpg

これで4輪ともGTAナットになりました。
やっぱりきれいに揃ってると気持ちいいですね♪
posted by なかのふ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

レーダー取り付け

ジュニアにもレーダーを取り付けることにしました。
しかーし!ジュニアにはシガーソケットがないのです(笑)
仕方がないのでアクセサリ配線から直接引きます。

まずはレーダーのシガープラグを分解して配線の+/−を確認します。
cat1.jpg
で、プラグ部分をぶった切って、先端に分岐用の圧着パーツを付けました。

次にジュニアのダッシュをばらすわけですが・・・ネジが見当たりません(笑)
cat2.jpg
仕方がないので上に引っ張ると簡単に外れました^^;

私のジュニアは珍しく純正でダッシュ上にスピーカーの口があるので、ダッシュの中にはスピーカーホールが空いてます。他のジュニアでも空いてるのかな?
cat3.jpg
まあ、このホールのおかげで配線が通しやすいんですがね(笑)

んで、電源なんですが普通にアクセ配線につなぐと、キーを回した瞬間から電源供給が始まっちゃうので、ETCの配線から分岐させて、スイッチを入れないと電源供給されないようにします。
cat4.jpg
ETCのスイッチに来ている配線の両方にテスターを当て、スイッチオフで電圧のかからない方の配線に分岐圧着パーツをかませます。

アース配線もETCのアース線に圧着パーツをかませました(笑)
cat5.jpg

後はETCのアンテナも遠回りして配線されてたので同じくスピーカーホールから配線し、ダッシュを戻して完成です♪
cat6.jpg

電気系と内張りがシンプルなんで配線作業も楽ですねぇ〜♪
posted by なかのふ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。