2005年07月22日

ウォッシャーリザーバタンク〜その後

以前、お風呂のコーキング剤で漏れ止めをして応急処置したウォッシャータンクですが、また警告等が点くようになりました。
ボンネットを開けてみるとタンクに水が残ってません。。。
うーん、また別のとこから漏ってるのかな?

仕方がないので、購入してあった新品のリザーバタンクを使うことに。

wsrt1.jpg

取り外したウォッシャータンクからモーターの取り付けに使うゴムパッキンを新しいタンクに付け直します。


wsrt2.jpg

タンクをエンジンルーム内に取り付け、モーターやセンサーつければ完成♪
うーん、新品のタンクは見た目がきれいで気持ちいですね(笑)


でも、またも警告等が点灯(T−T)
今度は水は入ったままなので、センサーの接触不良か・・・。
困ったもんです^^;
posted by なかのふ at 00:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うろ覚えですが、確か、フロートみたいなのが内部にあって作動不良になったりしませんでした?私のは、ポンプ本体とタンクとの接合部のパッキンからも漏っていました。ウォッシャータンクの水はタンクを冷却して溶けない為に入っているらしいです(笑)
Posted by MURO at 2005年07月22日 09:55
私のは、センサー殺しました。タンク2個目(中古)です 今付いてるタンクたぶん なかのふさん75、1号機から頂いたような(コニサーで) ロナールは無くなってました。
Posted by yap75 at 2005年07月22日 23:49
>MUROさん
フロートは「浮き」の能力が完全になくなってたんで発砲スチロールを巻き付けて補強してます(笑)
水が冷却水ってのは納得ですね(笑)お湯になってますもん^^;

>yapさん
1号機の部品が流用されてたとは・・・
なんか感慨深いですね〜。多少は皆さんのお役に立ったようで嬉しいです(笑)
Posted by なかのふ at 2005年07月23日 11:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。