2007年07月31日

さて、残りの3つは・・・

piston1.jpg

虎の子、週末に髭よりピストンなどの米国より届いていたパーツを受け取る。
そしていよいよ1〜3番のピストンも抜いてみた。

4番同様、車体下からアクセスしコンロッドボルトを外したらブロック上よりピストンが抜ける。


間違えないように1〜4と番号を振ったトレイでピストンを管理しつつ、ピストンピンを抜いて新しいピストンに交換した。

piston2.jpg

マニュアルを見ながらまずはピストンリングを取り付ける。
溝に沿って細いリングをしならせるように巻きつけるので結構怖い^^;
今にも割れそうなんだもん。


piston4.jpg

ピストンには向きがあります。矢印方向が車体前方になるように、コンロッドの向きを確認しながら組み付けました。


次回はピストン挿入ですね〜♪
posted by なかのふ at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | Triumph Spitfire4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
着実に棲家もエンジンも進んでいるんですね。

ところで先日の写真の時から思っていたのですが、トラの今ロッド大端の型割りって珍しい方向になっているんですね。
Posted by askashizka at 2007年07月31日 21:59
うふふ、あれは厳密には棲家じゃないですよ〜(笑)
詳細はもう少し進んでから・・・。

コンロッドの型割り?
珍しいんですかね?
他のをよく観察してないんで、分かっておりません^^;
Posted by なかのふ at 2007年08月02日 07:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。