2007年03月19日

パワステポンプOH

75のトラブルで、ウインカーに続き、懸案となっていたパワステポンプのOHを行いました。

まずは何といってもパワステポンプを外さなければなりません(笑)

ppoh1.jpg

写真のテンション調整用のプーリーの固定ナットを緩めます。プーリーが台座ごと下にスライドしますので、パワステポンプ用のベルトが緩み、ポンプから外すことができます。

ppoh2.jpg

次にパワステポンプに繋がるオイルラインを外します。ポンプ上部の黄色矢印2つのボルトを緩めます。事前にリザーバからスポイトでオイルを抜いておいたのですが、ホースに残っていたオイルが出てきました。タオルを回りに敷いて事なきを得る。
また、オイルが出てきてもいいようにホースにZIPLOCKのブリーザバックを被せました。今回初の試みですが、チャックが付いてるのでサッと密閉でき使い勝手が良かったです。(青丸部分)

ppoh3.jpg

無事摘出完了。

ppoh4.jpg

これが今回購入したOH用のパーツ。
基本的にはOリングとオイルシールですね。
パワステポンプを睨み付けたんですが、Oリングが入ってそうな部分は巨大な「+」ネジになっており、どう考えても我が家にはそれに見合うドライバーがありません。
Oリング付近からオイルのリークはなさそうなので、今回はリング交換はあきらめ、写真の青矢印のオイルシールのみ交換です。

ppoh5.jpg

ベルト式のプーリロックレンチを使い、センターナットを緩めます。

ppoh6.jpg

次にプーリーを外します。
専用のプーリープーラーは持ってないので、ギアプーラーで代用です。

ppoh7.jpg

プーリーが外れるとプーリーの位置決めをする半月状のキーが外せます。
これを外した後、今回お目当てのオイルシールが外せます。
オイルシールは見えてる面の内径部分にカッターで切れ込みを入れ、薄手のウエスを巻いたマイナスドライバーでこじって外しました。
ここでセンターのシャフトやシールの入るホールの外径を傷つけるとせっかくシールを交換してもオイルリークが出たり、エア吸いを起こしたりするので注意が必要です。

ppoh8.jpg

上写真、左が外したシール、右が新品です。
新しいシールをシャフトに差込み、19mmのメガネレンチを当ててプラハンマーで挿入します。円周が均等に入っていくように注意が必要です。

ppoh9.jpg

ここまできたら、後はポンプを車体に取り付け、ベルトをかけなおします。
最後にパワステオイルをリザーバから入れて完成。今回はペンゾイルを購入。


テストランに出ると、ステアリングが重くパワステが全く利いてない感触でした。リザーバを見るとオイルがありません。
予想通りなんですが、リザーバからオイルを入れて、アイドリングしただけではオイルがポンプ内に回らないようで、走ってステアを切った事で、ようやくオイルがいきわたり、それでも足りずパワステが利かなかったのでしょう。
予備で持ち歩いてたオイルを注入。これでパワステが利くようになりました。

感想としては、「75のパワステってこんなに利くの!?」と言うくらい、ステアが軽くなりました。
今まではエアを吸いながら利いていたので、フルに性能が発揮できていなかったんだと思います。
たった200円そこらのシールを換えただけで、この体感。かなり満足度が高いメンテナンスでした。

また走るのが楽しくなりますね^^

posted by なかのふ at 07:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「無事摘出完了」は良かったです^^しかし、背景に写る椅子を見ると作業場はひょっとして食卓?!そっか整備が三度の飯より好きってことですね(笑)
Posted by bubusoma at 2007年03月19日 07:36
ごくろうさまです。凄いですね。
私はこの辺になるとメカニック任せでした。ここまで工具はないしね(工場では勝手に使えって渡されるけど)。
Posted by tokun at 2007年03月19日 10:12
>bubusomaさん
ご想像のとおりダイニングテーブルでございます(笑)
我が家には作業台付の立派なガレージなどありませんので、基本は野外か食卓作業です^^;

整備は好きですが、三度のメシも捨てがたいなぁ・・・。


>tokunさん
メカニック任せ大いに結構。というか普通はそうだと思います。
私のようなことをしてると事故があったとき取り返しがつきませんから・・・。
自己責任とは思いつつも、他人を巻き込む事故が出たらどうするねん!?と自問自答しながらやっております。
工具はいつの間にか揃っちゃった・・・って感じですね^^;
Posted by なかのふ at 2007年03月19日 12:32
すげ・・・( ̄□ ̄;

これはさすがに無理(^^;
Posted by コテーリ at 2007年03月19日 17:50
工場に行くと大まかなことを教えられて、忙しいから自分でやってねと工具類を用意されますが。
脱着とかだけだけど。それも結構楽しい。
Posted by tokun at 2007年03月19日 18:00
 凄いです。ロメオ好きの気合が違いました・・

 購入後、ご指導下さいませ^^
Posted by だぐちゃん at 2007年03月20日 00:07
>コテールはん
意外に簡単でしたよ(笑)
私も作業前はかなり大手術を想像してましたが、実質1時間半ほどで完了しました。

>tokunさん
脱着・・・私も最初はその作業だけだったんですがね(笑)
でもクラッチ交換とかもしましたが、結局は脱着なんですよね。工程が多いだけで^^;

>だぐちゃんさん
いやいや、気合も何もロメオが好きな気持ちはみなさん同じでしょう!
私ごときがお教えできることもそうそうないと思いますが、お答えできる事であれば何でもお教えしますよ^^;
Posted by なかのふ at 2007年03月20日 07:16
ダイニングテーブル(笑)
ミルフィーユと同じステージってとこが
すごいですよ。なかのふさん。

オイルポンプのOHキットって
どこで売ってますかね?
Posted by v6milano at 2007年03月23日 00:40
のーもー。
「オイルシール」「販売」でググったら吹田のOリング、オイルシール屋が見つかりました(笑)
メールいただければそのお店の連絡先お教えしますよ^^
Posted by なかのふ at 2007年03月24日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。