2007年03月18日

ウインカーレバーOH

さてさて、前回ご報告しました75のトラブルのうち、ウインカーレバーについてOHを試みました。

winker1.jpg

まずはハンドルの下側から、コラムのボルトを外します。ネジ山は六角レンチの3か4だったと思います。計6本外せたら、コラムカバーが上下に分割されて外れます。
ボルトは長さが違うので位置を覚えておきましょう。(短い2本が運転者寄りです)

続いては写真の黄色矢印のナットを2つ外し、レバー上部についているコネクタ3つを抜きます。

winker2.jpg

そうすると無事摘出完了。

winker3.jpg

レバーの箱はリベット留めになってるので、なかのさんのサイトを参考にしてヤスリで頭を削り、リベットを抜きました。

winker4.jpg

お約束ですがいきなり分割してしまい、内部がどのようになっていたのか一瞬分からなくなりました(笑)
とくに写真の右下に移ってるボールはいったい何!?

winker5.jpg

悩んでいても仕方がないので、なかのさんから頂いたアドバイスを元に、レバーの先端部分にある半ドーム状のカバーを抜き、中のスプリングを伸ばしました。
スプリングが金属疲労で折れて短くなるのが主な原因みたいですね。

ボールは恐らく、ライトの切り替え時にクリック感を出すためのものと想像し、レバーの切り替え部分が当たる溝に落としておきました。たぶん正解のはず^^;

活字嫌いの私は、せっかくの前例であるなかのさんのサイトを熟読していなかっため、外したリベットの代わりのネジを調達していませんでした。。。
仕方がないので、タイラップで縛って仮組み。75でホームセンターまで買出しに行きました。

しかし、道中でOH前よりは症状が回復したものの、特に右折でウインカーを出した状態で固定できない現象が再発です。

ネジを購入して帰宅後、対策その2を実施。

winker6.jpg

先ほどの半ドーム状のカバーが、ウインカーを出した時に嵌まり込む溝を、半田ゴテで溶かして凹凸をハッキリさせます。
ここのドテが磨耗で小さくなるため、出したウインカーがダンパーの力に負けて戻ってくるんですね。

winker7.jpg

今回はネジでしっかり止めて、完成です。
75に組み込んでも、今回はしっかりとウインカーを出した状態で固定されます。

メデタシメデタシ。

posted by なかのふ at 12:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます。私も挑戦しようとしたことがありましたが、ものぐさで掛け声だけなのでアッセン交換しちゃってました。そういえば引っかからなくなったレバーが一本あったなあ。
Posted by tokun at 2007年03月18日 23:15
すげぇ、オイラも触れるように頑張ろう^^

4月頭にCBR初ユーザー車検出す予定なんで、色々教えてください♪
Posted by コテーリ at 2007年03月18日 23:39
>tokunさん
その余ったレバーでOHチャレンジしてみてください。そして中古品としてヤフオクあたりで売りさばく(笑)

>コテーリさん
ドカの車検でも書きましたが、バイクはシンプルです^^
光軸なんかもその場で修正できちゃいますしね(笑)
例の場所で密談しますか??
Posted by なかのふ at 2007年03月19日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。