2007年01月08日

燃料系調査、復旧!

車が2台とも不動、年始の体調不良、仕事始め早々の激務が重なり、ブログはしばしの休息を頂いておりました。
しかしながら、この3連休で体のほうは復活です!あとは車を復活させるだけ(笑)

てなわけで、本日はさぶかわにAM中手伝ってもらい、75の燃料がこない原因を探っておりました。

fp1.jpg

まずはジャッキアップして車体下のポンプをチェック。
「P」がポンプで「F」がフィルターです。
黄色い矢印の電源を外し、間にテスターをかまして、キーをACCまで捻った時に12Vが来ているかチェックしたところ、なんと来ていません!

次のチェックポイントはなかのさんのサイトで拝見したフューエル系の電源を中継しているコネクタの焼け焦げの有無です。

fp2.jpg

助手席のグローブボックスを外し、一番右のコネクタに問題の配線が集約されているようです。

fp3.jpg

見事に焦げております。これが原因と見てほぼ間違いないでしょう。。。

fp4.jpg

このピンクの配線をコネクタの両側で切断し、新しい端子でバイパスしてやりました。

結果、エンジンは一発で始動。
年始早々、Oちゃんに部品の相談したり騒いだ割にはたいした原因ではありませんでした(涙)
不動になった場所でなかのさんのサイトがチェックできればその場で直せたなぁ・・・(下にオートバックスあったし)
まだまだ未熟ですね^^;
posted by なかのふ at 14:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分には75は無理そうだ(^^;

147が壊れないことを祈りつつ乗ります!!
Posted by コッテリ at 2007年01月09日 00:36
ココの焦げは今まで見させてもらった75のほぼ100%で発生しています。中にはオーナーの知らない間にディーラーかショップでバイパス対策をされているのも何台かありました。幸いポンプストップに至らずにいる75もあると思いますが、いずれは発生するんでしょうね。明らかにコネクター/端子選択ミスという、ワイヤーハーネス設計者による設計段階の不良だと思います。
Posted by なかの at 2007年01月09日 09:53
>コッテリさん
 バイク乗ってる方なら75も大丈夫ですよ(笑)
たぶん、慣れの問題かと^^;

>なかのさん
いつもアドバイスありがとうございます。
グローブボックス裏のコネクタは、以前ホーンか何かの端子も焦げた経験があります。
フューエルポンプだけじゃなく、繰り返しON/OFFが行われる系統は危ないかもしれませんね。
Posted by なかのふ at 2007年01月10日 17:44
どーもー!
あはは!やっぱりラテンの車だなぁ。
ワタシも以前の309GTIの時にSWやリレーがコゲたり腐ったりしましたもの。
で、それをイジっているうちに自然と工具がそろっていってメカにも強くなるんですね〜♪
そんなのも車の楽しさの一つです!
Posted by ポンちゃん at 2007年01月10日 23:42
電装系はラテン車のウイークポイントですよね〜!
以前なら不動になった時点でパニックでしたが、冷静に原因を頭の中で考えてる自分が恐ろしいです(笑)
Posted by なかのふ at 2007年01月11日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。