2005年12月27日

キャブセッティング@

さて、いよいよセッティング編です。

今日、車検のため主治医に預ける前に大体のセッティングを出しとけば、行ったときにアドバイスがもらえるはず(笑)

cab803.jpg
まずは実走する前に、プラグを新品に換えました。
左が古いの、右が新品です。比べるとポイントがずいぶん減っているのがわかります。


cab804.jpg
んで、近所迷惑にならないよう近所の湾岸埋立地に向かい、そこで左右のキャブの同調を再確認します。
写真のようなフローメーターを使い、負圧(エンジンが空気を吸う力)を図ります。スパ子の場合は2番、3番の気筒が約5kの負圧で揃ってたのでOKとしました。

その状態で各気筒のアイドルスクリューをちょいと捻り、エンジンの回転数が一番上がる感じの所を探します。素人の私にはよく分かりませんでしたが、なんとなく高そうな所にセットしました。

現時点でセットされているジェットセットは以下のとおり。
(暫定的に「セット@」と呼びます)


<セット@>
メイン     140
エアー    220
アイドル   55F9
エマルジョン F15


ベンチュリーやポンプジェットまで凝りだすとキリがないので、とりあえず今回はメイン、エアー、アイドルのみを変更してセットを出すことにしました。(エマルジョンも固定)


んで、いざ実走!
低速、加速ともに問題ありません。OH前の80km/hで失速していた感じもなくなりました。(ぬふわkmまでしかテストしてませんが)
しかし逆に、3・4速の4000回転以上で回転だけ上がり、車速がついていかない現象も出ました。更にはスパ子の周囲が異常にガソリン臭い(笑)


そして車を止めてプラグチェック。

cab805.jpg

うーん、真っ黒ですね・・・。カブリ気味ってことはメインが大きいのかな?
んで、次に試したのが以下のセット。



<セットA>
メイン     130
エアー    220
アイドル   55F9
エマルジョン F15


ガソリン臭はマシになりました。
回転だけ上がる現象は変わりません。
プラグも真っ黒のまま。


さらにメインを絞ってみる。ただし薄くなりすぎるのを嫌ってエアも絞ってみました。


<セットB>
メイン     117
エアー    210
アイドル   55F9
エマルジョン F15


回転だけ上がる現象変わらず。
プラグも真っ黒なまま。
逆にアイドル時に回転が低くなりすぎる現象が出た。(1回ストールもしました)


更に突き詰めるため逆にエアを広げる。


<セットC>
メイン     117
エアー    220
アイドル   55F9
エマルジョン F15


回転だけ上がる現象変わらず。
プラグも真っ黒なまま。
アイドルも不安定。


むむー、プラグがかぶってるのに薄い感じとは・・・。ひょっとしてプラグのカブリはアイドル系統なのか?そう考えると、逆にメインは濃い目に振ってやれば高回転時の車速が付いていかない感じも改善できるか?

しかしココでタイムアップ。主治医の元に向かいました。
スパ子を預けて、セットBCあたりの体感的なものを話し、エンジンをかけてもらうとやはり全体的に薄めになっているとのこと。(音聞いただけでわかるんですね〜、玄人はスゴイ!)

とりあえず明日の夜にはスパ子も帰ってくるので、そこからまたジェット変更かな〜♪
なんとか年内には仕上げれそうです^^
posted by なかのふ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | carburetor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。