2005年12月20日

キャブオーバーホールB

さてさて、いよいよキャブを分解していきます。
今回のプロジェクトのため、和室に新聞を敷き詰め万全を期します。

cab301.jpg


まずは見えるところから適当に外していきました。

cab302.jpg
メイン/エアジェット、アイドルジェット。


cab303.jpg
スロットルアジャストスクリュー。
ゴムパッキンはOHキットの物で新調します。


cab304.jpg
ポンプジェット。
ジェットの下側に小さなワッシャが付いてるのでなさないように!
上部のパッキンはOHキットで新調します。


cab305.jpg
インナーベンチュリー。ツメで軽く止まってるので力を入れて引き抜きます。


cab306.jpg
スタータージェット。


cab307.jpg
分解図に名称が載ってにゃい!


cab308.jpg
フロート室の底の彼女。インテークディスチャージバルブ。


cab309.jpg
アイドルアジャストスクリュー。
コイツが見事に対策後のタイプでした。未対策は先が円錐状なんですね〜。
というわけで、スパ子のWEBERは「なんちゃって未対策」であることが確定。
ここのパッキンもOHキットで新調です。


cab310.jpg
ポンプカバー。


cab311.jpg
スロットルバタフライ。
コイツを外したことが後に不安をあおる結果に・・・。


cab312.jpg
スターターカバー。


cab313.jpg
スターターバルブ&スプリング。
スプリング上部のOリングを精密ドライバーで傷つけないようにコジリます。


cab314.jpg
ボトムカバー。コイツが固着して外れません。Webで検索したところ、フロート室側から割り箸を突っ込んでプラスチックハンマーで小突くのが良いようです。
ガスケットはOHキットに入っていた新品に交換です。液体ガスケットも併用しました。


cab315.jpg
ポンプバルブウエイト&ボール。小さい部品なんでなくさないようにね♪


cab316.jpg
エアスクリュー。コイツも対策版の特徴です。


cab317.jpg
アウターベンチュリー。対策版のWEBERはエアスクリューを外さないとアウターベンチュリーが外れません。


cab318.jpg
スロットルシャフト両サイドの部品。
大きいのがスロットルレバーですね。
ココは交換部品を別口で取り寄せ、スプリングとナット固定用の金具を交換しました。


cab319.jpg
スロットルリターンスプリング。
スロットルシャフト側にスプリングの端がフックされているので、そいつをラジオペンチなどで外してやると、上面から取れます。勢いよく飛び出すので紛失注意!


cab320.jpg
ポンプコントロールロッドも外します。こいつもスターターバルブのように精密ドライバーで優しくコジリます。


これで本体側の殆どのパーツが分解できました。
写真編集がおっつかないので、フロートやトップカバーは次回!
posted by なかのふ at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | carburetor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボトムカバーの状態からして、そんなには汚れてない様ですね。 良かった!! やっぱり吹けないのはジェットの選択!? Skype入れた〜!?(笑)
Posted by 段付き at 2005年12月21日 22:23
Skypeですが明後日友人宅にインカム取りに行きます(笑)
乞うご期待!?
Posted by なかのふ at 2005年12月23日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。