2005年12月18日

キャブオーバーホールA

さて、前回作業の翌日。
いよいよキャブをエンジン本体から切り離します。
フューエルホースを外した後、インマニ部分と接合しているナット8つを外しにかかります。しかし、どうしても2箇所くらいがスパナが回らないんですよね。こいつはマイッタ。
で、仕方なく先にフロート室のカバーを外してスペースを稼ぎました。

cab21.jpg

コレが外したフロート室のカバー。こいつを外す時に実は大失態をしてしまいました。。。
ヘッド部分のボルト10本を緩めた後、静かにカバーを持ち上げると、ガスケットが落ちそうになったので思わずカバーをひっくり返したんですね〜。おかげでヘッドのボルトを1本なくしちゃいました♪
よく考えればガスケットはフロート本体に引っかかって落ちないんですがね(笑)

悔やんでも仕方ないので、次の作業にかかります。
アクセルのスロットル部分とチョークかスターターかのワイヤーを外さねばならないのでこいつらを取ります。(ワイヤーを固定してるボルトが4つほどあります)

cab221.jpg

cab222.jpg


んで、無事キャブが外れました^^

cab22.jpg

さらに上面の拡大図。

cab23.jpg

ちゃーんと配置を覚えとかなきゃ・・・。


cab24.jpg

そしてキャブの取れたインマニ側です。ここにOHキットに付属の紙ガスケットが要ると思ってたんですが、ゴム製のガスケットが入ってました。結構しっかりしたブツだったんで、これは再利用にしようかな。

この日の作業はココまで!
次回から部屋にキャブを持ち込んで、いよいよ分解編です!
posted by なかのふ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | carburetor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インシュレーターがアルミ製だったんですね… てっきり純正装着と思ってました。 パッと見はフロート室は綺麗そうですね? それと、今見て思ったんですが、このキャブは『角付き』のキャブかも知れません… 『角付き』の特徴が有ります。 インナー、アウターヴェンチュリを外したら、空気吸う方から見てお日様や蛍光灯にかざして下さい。 光が漏れないでちゃんとバタフライが閉じてる様であればOKです。 後、ひずみの点検もありますが… やっぱSkype入れましょ(笑) またメール下さい。
Posted by 段付き at 2005年12月18日 07:57
インシュレーターはこれが純正じゃないんですね(笑)
なにせこのあたりバラスの初めてなんでコイツが基準で考えちゃってます。。。
でも、インジェクションを換装してるから、その時に有り合わせで組んでる可能性が高いから、純正が使われる可能性は低い気がしますねぇ〜。

角付きもバラス途中で私も疑惑を感じてました。書籍にエアアジャストスクリューは対策版しか付いてないみたいな記載があったんで。。。ということはフロート室のカバーだけ初期の物に変えてるんだろうか・・・?謎ばっかり〜!

バタフライの件、メールしました。またアドバイスいただければ助かります^^
Posted by なかのふ at 2005年12月18日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。