2007年10月13日

タイミングチェーン組み上げ

吉野家で、

もう若くないんだからと、

紅生姜を山盛り乗せるのをためらいながら、

結局テンコ盛りにしてしまう、

なかのふ31歳。



大人になるための大事な何かを忘れてきた男…。






スピットのカムとクランクの関係が分からぬまま・・・
ヘインズのマニュアルも英語なので良くわからぬまま・・・
とりあえず無い頭を振り絞って組み合わせを考えてみる。

1番シリンダが上死点の時。
排気工程or圧縮工程。
仮に排気工程と仮定すると4サイクルなので次は吸気工程になる。

ってことは1番シリンダを上死点にあわせた時のカムの向きは、エキゾースト側のバルブをリフトするカムが上方向で、インレット側のバルブをリフトさせるカムはカムシャフトを90度進めた時に上に来る向きとなる。

この仮定で、あとはデスビの点火を1番が点火工程の時に合うようにすればいいだろうと、いい加減に決定してみる。


となれば後は組むだけ。

cam1.jpg

下のスプロケ付きのシャフトがクランク、その右上の丸いのがカムシャフト。



cam2.jpg

タイミングチェーンカバーを取り付ける前に、エンジンマウントを取り付けるステーのプレートを挟まないといけない。
そのガスケットを取り付けるのに液体ガスケットをヌーリヌリ。


cam3.jpg

こんな感じで付きました♪


ここから、この日はタイミングチェーンと、そのカバー取り付けまで行ったんですが、写真を撮り忘れ・・・。



夢中で周りが見えなくなるのは、やはりオコチャマの証拠なんだろうか?
posted by なかのふ at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | Triumph Spitfire4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。