2007年10月02日

ピストン挿入

なんとなく「イヤラシイ」タイトルだ。


さて、期末期初の忙しさもひと段落。
週末はスピット復活に向けてバリバリ作業したいところ。

先週末はいよいよピストンをシリンダ内に収めるべく作業を行いました。

build1.jpg

髭が先に部品をキレイにしたいと言い出すのでスクレイパーでゴシゴシ。写真はミッションケースとの結合面に入るプレートです。


build2.jpg

その横でいよいよ挿入作業に入る。写真手前のピストンリングコンプレッサーで、ピストンを締め付けて挿入します。

build3.jpg

こんな感じ。上段の写真のような状態から、プラスチックハンマーの柄がゴム素材で囲われていたので、その先っちょでコヅキ倒して挿入しました。

build4.jpg

4つ入ったの図。
うーん、壮観。


build5.jpg

あとは裏側でコンロッドのメタルを組みつつビッグエンドボルトを締め付けます。
これの締め付けトルクが55Nなんですが、全て締め付けるとクランクが手で回らない・・・。こんなに締めちゃって大丈夫なんでしょうか??

すこし不安になりつつも作業は続いていく。

来週はタイミングチェーンの組付けだ♪




posted by なかのふ at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | Triumph Spitfire4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。