2007年10月01日

チンケチェント ダイナモ不良

とりあえずアポ取れました。




さて、お髭のチンケが発電不良。
以前の不良はダイナモ本体の中から来てる端子に丸型端子をナットで友締めする際に、絶縁体を入れていなかったのが原因。
(恐らく以前GTAのダイナモでイグニッション警告等が点いたのも同じ原因と思われる。無知ってダメよね〜)

今回はそれは対策済みなんで、オートマイスターのカメロンパンさんの助言を元にテスターで抵抗値測定。通常は限りなく0に近い小数点以下の抵抗値を示すはずが150オームですと!?
ダイナモ内部の抵抗値異常の原因を探るべく分解してみた。


f500dinamo.jpg


すると「コロン・・・」と何かが落ちてくる。(画像右の矢印の先)う〜ん・・・ブラシが断線してたのね。接触不良で抵抗値が大きくなるはずだ。

どの道、ブラシもかなり磨耗していたので今回は交換することに。いやぁ、原因が分かって一安心です。

posted by なかのふ at 12:35| Comment(5) | TrackBack(0) | Another CAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。