2007年04月15日

内装トレビアン!

ボチボチ進捗しているデルタ復活計画。

本日は内装関係をメインに作業を進めました。

8vre1.jpg

主治医の作業場に行くと、すでにエンジンは降ろされていました。上の写真はフロントグリルから覗いたエンジンルーム。見事にカラッポ(笑)
主治医の方でもボチボチ作業は進めていただいていたようです^^

8vre2.jpg

まずは車検書上で乗車定員2名になっているのを構造変更申請すべく、リアシートを取り付けます。
4点ベルトをリアシートのベルト跡に取り付けていたのを外し、赤8Vから取ったベルト類を取り付けていきます。
シート座面部品はガンメタ8Vの室内に外れた状態で保管されており、状態もほとんど未使用のためか上物。こちらを採用して取り付けました。

ドライバー&ナビシートはスパルコのバケットが入っていたんですが、とりあえずナビシートのみ赤8Vのシートを移植です。
ナビシートに入っていたバケットはGTAに取り付け・・・??

8vre3.jpg

赤8Vで天井をきれいに張り替えていたので、その天井をそのまま移植。
ガンメタの天井もそんなに垂れ下がっていたわけではないのですが、いずれ下がってくるはずなので、きれいな赤8Vのものを一気に移植しました。
う〜ん、車内の色合いにマッチしてスパルタン。

8vre4.jpg

ちなみにガンメタのドア内張りです。まだ新車時のビニールが残っている部分もあり、かなり状態が保存されていたことが伺えます。
ドアを「バタン」と閉めても、重厚な音を立てて閉まってくれます。かなり建付け具合も良い印象を受けます。
これは走っても剛性が高そうです。

8vre5.jpg

その他、外せるものは外して部品取りストックに回しました。赤8Vはご覧のとおりドンガラ状態です(笑)

8vre6.jpg

右のタイヤ4本は75で失敗した195/55R15のRE01Rです。これがデルタに入るともう無敵か!?
内装関係が完了したガンメタ8V。立ち姿も良い印象で、あとはエンジンを乗せ換えて火が入るのを待つだけ・・・意外に仕上がりは早いかもしれません。
復活が楽しみですね〜!


posted by なかのふ at 22:04| Comment(5) | TrackBack(0) | Another CAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。