2006年03月11日

75 MTオイル交換

前回、75のMTオイルを交換したのが去年の5月。MTオーバーホール後の初回交換をしたっきりでした。OH後に500kmでこの時の交換をしていたので、まだ当たりが付ききっておらず鉄粉量も少ないんじゃないかと思い、ほんとはもっと速く交換したかったんですが今日になってしまいました。


mtoil1.jpg

まずはジャッキアップしてウマにかけます。もちろん3UMA設定です。MTオイルはオイルサクションガンで注入して注入口からオイルが溢れてきたら適正量という判断をするため、ウマ掛けはできるだけ水平になるよう実施します。


mtoil2.jpg

トランスアクスルケースの車体助手席側にある注入口です。ドレンを開けてから注入口が固着して開かない!なんて事になったら大変なので、先にこちらを開けて注入ルートを確保します。こっちも開けたら多少オイルが出てくるのでオイルを受けるトレイを準備しましょう^^


mtoil3.jpg

こっちがケースの運転席側にあるドレンです。注入ルートを確保したらこちらを開けてオイルを抜きます。


mtoil4.jpg

注入口側を開けた図です。オイルが出てきました。抜く前に多少走ってきたのでオイルが温まって抜けやすかったですね。


mtoil5.jpg

そして新油とサクションガンを準備。今回はBPのFR用と記載のある75W−90をチョイスしました。


mtoil6.jpg

で、ドレンを締めたらサクションガンでオイルを注入。今回は3L弱でオイルが溢れてきました。オイルの硬さによってはギアの細かい所までオイルが行き渡る前に注入口から溢れてくる時もあるようです。寒い時はオイルを少し温める(ストーブの前に置いとくとか・・・引火しないように注意!)とかして作業した方がいいらしいです。


やはりオイルはとても重要ですね!交換後はミッションの入りが別物です^^
これからのイベントシーズンに向けてコンディションを整えてやらにゃぁ〜(笑)
posted by なかのふ at 21:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイパーゴム交換

最近雨が多いような気がします。しかも週末に!
明日も今年一発目のTDMが開催されると言うのに予報は雨ですね・・・。

まあ、愚痴っても仕方ないので雨に纏わる整備を・・・という事でワイパーゴムを交換しました。

wip1.jpg

まずはブレードを外します。75はちゃんとブレードが立つので写真のような事はしなくてもいいんですが、まれにボンネットに干渉してブレードが立たない車があります。そういう場合はウエスを充ててフロントガラスが痛まないようにします。


wip2.jpg

ブレードは新品と比べるとずいぶん「右曲がりのダンディー」になってました(笑)


wip3.jpg

んで取り付けしなおして完了♪
ラジオペンチがあればできる作業ですが、ついつい面倒くさがってほったらかしになる部分です^^;
年に1回は交換してやりたいですねぇ〜。
posted by なかのふ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・ドイツもの

親父のガラクタにこんな面白いものがありました。

tel1.jpg

ドイツの電話帳ですね〜!
このデザイン、タ●ンページに似てますよね!?

tel2.jpg

中身のレイアウトもそっくりです(笑)
電話帳の歴史を調べてみたんですが、日本で作成されていた職業別電話帳がタ●ンページの形にデザイン変更されたのが85年だそうです。このドイツの電話帳を見ると「75−76」の記載が表紙にあります。私の生まれ年の電話帳なんですね。
やはり古き時代は「欧米に学べ」だったんですかねぇ〜。


tel3.jpg

最後のページに車のアドがありました。フェッタセダンのアドなんてある意味貴重なものかもしれませんね^^
posted by なかのふ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。