2006年03月30日

参加申し込み

色々悩んだんですが、今年もAR−DAY2006に参加することにしました。
せっかく去年の「社交的になる」と言う謎の目標の元、色々なイベントに参加して、色々な方とお知り合いになれた流れを、いきなり断ち切るのもどうか?ということでの2年連続参加です。

今年はさぶかわが忙しいみたいなんで、一人ぼっちでの参加になってしまいますが、現地でお知り合いに合えたら(なれたら)うれしいなぁ〜。。。
posted by なかのふ at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Meeting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

キャブセッティングC

スパ子がやっと踏めるようになったので、キャブセットを煮詰める事にしました。

前回までのセッティングが


<セットE>
メイン    130
エアー    220
アイドル   50F9
エマルジョン F15



なわけですが、某氏から「2000ccなんだからもっと濃くても大丈夫!」と言われていたのでちょっとメインを濃くしてみました。



<セットF>
メイン     140
エアー    220
アイドル   50F9
エマルジョン F15



でも、結局プラグが黒くなっちゃうんですよね〜。
実はメイン130でもカブってました。なんかキャブセッティングのラビリンスに迷い込んだような感じになってしまったので、基本に立ち返りWEBERのセッティンググラフから2000ccの標準セットを割り出すことに。
んで、ざっと見積もってみると


<マニュアルより>
メイン    140〜150
エアー    200〜230
アイドル   50〜55
ポンプ    45〜55
アウター   35〜39
インナー   4.5


な感じです。
ここで、今まで考えてなかったのが、ポンプジェット、アウターベンチュリ、インナーベンチュリです。とりあえず現状のコイツらを確認するためにバラしてみました。

jet1.jpg

jet2.jpg

上からポンプジェット、アウターベンチュリ、インナーベンチュリです。アウターベンチュリが結構外しまくってる気がします^^;

とりあえずこの辺を取り寄せてみようかなぁ・・・。
posted by なかのふ at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | carburetor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

ガソリン携行缶

gastank.jpg

20Lのガソリン携行缶を購入しました。
と言うのもスパイダーの連続航行距離が非常に短いのです!今時点で燃料系の1/4を切っているのですが、走行距離は「105」をトリップが表示しています。マイルメーターなんで1.6kmを乗じてやると168km。

このペースじゃぁ、満タンで200kmくらいか・・・? 40Lタンクとして、5km/L。
高速使っても7kmくらいでしょうか?どっちにしろ300kmも越えれません^^;

実はGWに親父の追悼ツアーと称して九州を巡ろうと考えています。今の、無謀な予定では、初日に大分→鹿児島の山越えルート。直線距離で300kmだから道なりで400km越えそうな気がします(笑)
途中ガススタが見つからなかったら・・・。うーん、恐ろしい(笑)

てなわけで、購入に至ったわけですね♪
旅程は4月30日大分発で鹿児島から大牟田を巡り、5月4日に大分からフェリーに乗る予定。
九州在住の方で見かけたら声かけてください(笑)
posted by なかのふ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Spider Sr.3(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

デルタ8V ショック交換

今日はさぶかわのデルタ8Vの足回りを交換しました。
買った時からコニのショックが入っていたんですが、いかんせん硬すぎで跳ねまくってたので、オークションで落とした純正ショックに交換することにしたのです。

8vsk01.jpg

まずはショックを外すのに邪魔なリアダッシュとリアのタワーバーを外します。


8vsk02.jpg

で、リアをジャッキアップするとリアのショックが下に抜け落ちます。(タワーバーとショックはナット2つ(14mm)で共締めされてますから^^;)


8vsk03.jpg

ホイルを外してドラシャ周りとショックを繋いでる2本のボルト・ナット(17mm)を外してやります。ショックにブレーキホースを引っ掛けてあるのでこれも丁寧に外します。ホースを傷つけないように注意!

すると写真のようにショックが外れます。


8vsk04.jpg

コニと純正ショックです。やはり純正の方がほっそりした感じがあります。


8vsk05.jpg

ショックに付属している部品やバネを純正に移植するため、バネを一時的に縮めるスプリングコンプレッサーを用意します。


8vsk06.jpg

バネにコンプレッサーをかけて締めてゆくと、アッパー部分とバネの間に隙間ができてきます。


8vsk07.jpg

こうなったらアッパー部分のナット(19mm)を外してやります。
写真は固定せずに回してるように見えますが、実作業は車から外す前にこのナットを緩めといた方が良いでしょう。


8vsk08.jpg

で、お皿2枚とブーツを外します。


8vsk09.jpg

そして純正の方に同じように移植していきます。バネの両端に当たる樹脂製のカバーも忘れずに移植します。
取り付けたらアッパーのナット(19mm)を締めて、スプリングコンプレッサーを外します。

8vsk10.jpg

そして取り付けです。下回りの2本のボルト・ナット(17mm)を締め、アッパーのナット(14mm)2つを固定します。
この作業を反対側も実施します。



次はフロント側です。

8vsk11.jpg

こちらもアッパー側のナット(19mm)を緩めてから固定しているナット2つ(14mm)を外します。
そして下回りのボルト・ナット(17mm)を外し、ブレーキホースをショックのブラケットから外します。

そうすればショックが外れるので、リアのショック同様にスプリングコンプレッサーを使って純正にバネを付け直します。


8vsk12.jpg

後は元通り取り付けました。


8vsk19.jpg

完成です♪
助手席に乗った感想ですが、非常にマイルドな乗り心地になりました。以前は曲げてから踏む感じだったのが、曲がりながら踏めそうな雰囲気です。突き上げ感もなくなり、路面を捉えてる感じがします。

バネは社外品のままなんですが、以前某ショップの方が「8Vはノーマルの足回りが一番いい」と言っていたのがわかる気がします(笑)

ああ・・・山でどんどんさぶかわに離されていく(T−T)
posted by なかのふ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Another CAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

STRUT

先日の「フレンチ−フレンチ」で正式参加した甲斐あってという訳ではないんですが、貴重な読み物を買うことができました。

strut.jpg

「STRUT」という自主制作の車冊子です。
表紙の「アルファロメオのレースカーを作った男」という見出しに惹かれて衝動買いしました(笑)

店頭で取り扱ってる店もあるらしいんですが、ほとんどが関東で関西ではまずお目にかかれる機会はないとのことです。ネットで探せばあるんでしょうがねぇ^^;

とりあえずIssue2を読んでみましたが、「濃い」の一言に尽きます(笑)毎号、スポットを当ててる車種が決まっててオーナーとの対談やら試乗レポートなど、読者の視点に近い切り口で書いてくれてます。

ちなみに同時に入手したIssue3は「ニッポンのフランス小型車」、Issue1は「ランチアデルタHF」、Issue0は「アウトビアンキ」とのことです。
メインの特集以外でも「パンダで阪神高速を封鎖せよ」とか、気になるトピックスが満載です(笑)

もしお目にかかる機会があればご一読ください^^
posted by なかのふ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

Omega

omega1.jpg

ひょんなことからオメガのオイルが手に入りました。

個人的にはオイルは粘度(75は15W−50、スパ子は20W−50)と成分(鉱物油)にだけこだわり、高い物を入れるよりは安い物を短い距離で小まめに換える方が良いと考えてるんですが・・・(レースとかするならこの考えはNG)


omega2.jpg

なんと6本で4000円の超特価!
私が普段使ってるelfより安いじゃないですか!
こりゃぁ買わない手はないって事で・・・。次のオイル交換が楽しみです♪
posted by なかのふ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレンチ・フレンチ

今年一発目のミーティングはカルフールで開催されたフレンチ・フレンチになりました!
今まではイタ車でこっそり紛れ込んでいたんですが、今回はスパイダーで乗りつけ、エントリーシートにも名を連ねてみました(笑)

ff06031.jpg

これだけの車が集まるのはやはり壮観ですね!


中でも目を惹いたのが・・・

ff06032.jpg

アルピーヌ3兄弟!
A110は憧れの一台ですね!


ff06033.jpg

ds21-noir氏のDS21も相変わらずきれいです^^
氏に強く仏車道を勧められましたが・・・もう少しボンバロッサでいさせてください(笑)
もう少し歳食ったらAMIとか乗ってみたいなぁ〜。
posted by なかのふ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Meeting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

シェイクダウン!

月曜日の夜に主治医の元にスパイダーを引き上げに行きました。
そして火曜日の祝日には晴れてスパイダーで山にアタック!天気も良く、絶好のスパイダーの復活走行日和となりました^^

a6spa2.jpg

今年2度目の展望台です。朝日が目に染みます(笑)


a6spa1.jpg

常連のGTVスパイダーの方もいらっしゃったので、新旧2台のスパイダー並べる事ができました。


この日、ようやくスパ子を全開(といっても私のヘッポコドライブですが)で走らせる事ができたんですが、ジュニアとも75ともまた違った、変なクセがありますね〜。
ある程度の舵角から急にステアが軽くなり、クルンと切れてしまうんですよ!んで、「あっ!回る(スピンする)」と思ってからのすごい粘りよう・・・。
この粘り足はやっぱりコイツもジュリアなんだなぁ・・・と思わされました。

もうちょっと走りこんでクセを掴んでみたいですね〜^^
posted by なかのふ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Spider Sr.3(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

油圧センサー交換

昨日。75の油圧センサー交換作業を行いました。
油圧センサーは手前から4番目のインジェクションの真下、スターターの上にあります。

opres1.jpg

車の前から、インジェクションの下を覗き込むと奥に上のような形で見えます。

opres2.jpg

このままではアクセスしにくいので、スロットルボディとエアフロの間のゴムパイプと、デスビを1つ外して、手前と横からのアクセスルートを確保しました。


opres3.jpg

横からセンサーに入っている配線に手が届きますので外しておきます。


opres4.jpg

手前から手を伸ばすとセンサー本体にアクセスできます。ボディとセンサーの隙間にスパナを掛けれるナット部分があるんですが、奥にあるのでサイズがわかりませんでした・・・。
新しいセンサーは19mmなんですが、明らかにそれより小さい感じなんですよね〜。
当てずっぽうに17mmや14mmを差し込んでみますが上手く掛かってくれず、仕方なくウォーターポンププライヤーでセンサー本体を掴んで回しました^^;
私の75に付いていたセンサーは14mmが正解でした。


opres5.jpg

新しいセンサーは19mmと判っているので手が置くまで届けば取り付けは簡単です^^
あとは配線を取り付け、スロットルボディとデスビを元に戻します。


opres6.jpg

結果はこのとおり、しっかり油圧が上がるのが見て取れるようになりました♪
精神的によろしいですね、ちゃんと計器が動くと(笑)
posted by なかのふ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

主治医から・・・

先ほど電話がありました。
スパ子のブレーキ不調の件ですが、どうやらブレーキサーボが冷間時に作動しない時があるようです。皆さんご存知でしょうが、サーボはエンジンの負圧を利用して軽い踏み込みでもブレーキを良く効かせてくれる倍力装置です。
まあ、多少原理は違いますがパワステのブレーキ版と考えればわかりやすいでしょうか・・・。

つまり、コイツが働かないためノンサーボでブレーキを踏んだ感じになってたらしいですね。そりゃ効きが悪く感じるはずです。。
ジュリアの初期のモデルではノンサーボが標準の車もあったようですが。

サーボやマスターのあたりを換えると結構な金額(4〜5万か?)がかかりそうなので、今回は見送る事に。しっかり暖気してブレーキのタッチを確認してから出発すれば問題ないようですんで^^;


ちなみに、クラッチもエアが咬んでいたようです。ミッションを降ろすときにレリーズシリンダーを横に退けたのですが、その時にオイルが若干滴ってました。あの時に咬んでしまったんでしょうねぇ。
やはりチェックしてもらってよかった♪

近日中にはスパ子回収して復活ですね^^
posted by なかのふ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Spider Sr.3(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

続・続・ガラクタ

まだまだ片付きません・・・。
いろいろダンボールを開梱していたら意外な物が出てきました。

juliaparts.jpg

なんとジュリア系のパーツです。
エンジンヘッドカバーにノーマルのエアクリーナー、そしてフラットノーズのグリルです。横線が7本あるので1750あたりでしょうか?

何にしても親父がジュリアのパーツをストックしてるとは意外でした。まあ、たまたま手に入った物を置いといた物なんでしょうが。。。

やっぱ親父もジュリアに乗りたかったのか!?
いや、そうに違いない・・・。
スパ子からジュリアに乗り換えても怒らないのか!?

ううーーーむ・・・。(悩)
posted by なかのふ at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

油圧センサー不良?

先々週の日曜日にようやく山に登れました。

oilpres1.jpg

この展望台からの景色、久々です^^


で、機嫌よく走ろうとしたんですが異変に気づいてしまいました・・・。


oilpres2.jpg

普段はアイドルで2bar、回転を上げると4barから6barくらいまで上がるんですが、アイドルの2barから逆に下がっていきます・・・。
一応、油圧計は動いているのでセンサーの不良だろうと思い、Oちゃんに油圧センサーをオーダーしました。


oilpres3.jpg

取り付けは今週末ですかね〜♪
posted by なかのふ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・ガラクタ

親父のガラクタの中からイタリア物が発掘されました。

milano1.jpg

ミラノの絵葉書です。先日のドイツ物と同じロットから出てきたので、ひょっとすると親父が欧州にいるときに観光でもしに行ったんでしょうか・・・?


milano2.jpg

ロメオのエンブレムも出てきました。
大きいのは75やスパイダーSr.3の時分のものでしょうか。これは使えそうです^^
小さい方「MILANO」の刻印がないのでアルフェッタ世代ですかね?親父がフェッタセダンに乗っていたので、その時の予備でストックしてたのだと思います。
ビッシオーネは2000GTVですかね。

これらは写真に写ってるだけの数がありますので、レストア等でエンブレムがなく困ってる方がいらっしゃるようでしたらお分けします。値段は要相談で。。。


milano3.jpg

これはちょっとレアな物の気がします(笑)
大沢商会のテレカですね。初めて見ました^^ 今時テレカも使わなくなりましたけどねぇ・・・。時代の流れですかね。このテレカは使うの勿体無いですが(笑)
posted by なかのふ at 00:24| Comment(1) | TrackBack(0) | Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

75エアフィルター洗浄

75のエアフィルターは湿式純正交換タイプを入れているのですが、去年の年明けに交換して、以後1度洗浄したっきりでほったらかしにしてました・・・。コレの洗浄は乾燥時間を考えるとほぼ1日仕事になるんで、ついつい億劫に^^;
しかし、当然吸気効率は悪くなってるはずなので、ミッションオイル交換にあわせて実施しました。

まずはエアクリーナーボックスの固定フック4つを外し、湿式フィルターを外します。

75airf1.jpg

んで、取り出したるは洗浄液と塗りつけ用のオイルセット。私のフィルターはJRのものなんですが、近所で売ってたのがBMCの物のためコレで済ましちゃってます^^;


75airf2.jpg

まずは洗浄液をたっぷり染み込ませます。10分ほど放置したら、フィルターのエンジン側から外側に向かって水で流してやります。水の勢いが強いとフィルターを痛めかねないので優しく流します。結構水が黒くなってビックリしました^^;


75airf3.jpg

んで自然乾燥。コレが時間かかるんすよね〜。ドライヤーとか使ったらダメみたいです。。。


75airf4.jpg

乾燥したらスプレー式のオイルを両面に吹き付けます。表面がオイルの色(私のは赤色)に変わるので、均一に塗りつけ、余分はふき取りましょう〜。後はエアクリーナーボックスに戻して完成です!


そして試走ですが、やはり全然フィールが違いますね!低速でアクセル抜いたりしたらガクガクしてたのがスムーズになりました。やっぱりエアの吸入効率が落ちてたんですね〜。アクセルのツキが良くなったんで乗ってて気持ちいいです♪

やっぱり基本的な日常メンテナンスが一番大事ですね^^
posted by なかのふ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

初入院

そういやスパ子は自分で手を入れてきたため、入院するのは初めてなんですね〜。
あ、ペラシャ単体入院と車検通すだけで預けた事はあったっけ・・・。

しかし、ブレーキマスターとか換える事になったらまた結構な出費になっちまうなぁ。ほんといつまで親父に付き合うべきやろうか・・・。
posted by なかのふ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Spider Sr.3(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパ子下回りチェック

やっぱ雨ですね〜。

昨日、ジャッキを出したついでに先日のスパ子の下回り異音の影響がでていないか確認しました。

spacup1.jpg

とりあえずカップリングは問題なさそうです。


spacup2.jpg

よーく見るとカップリングの周りのボディ側に傷が円を描くようにできてました。カップリングの型崩れ防止金具が外れかかった時にこの傷を付けたんでしょうね。。

大きなダメージはなさそうなので一安心です^^;
posted by なかのふ at 07:58| Comment(1) | TrackBack(0) | Spider Sr.3(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

75 MTオイル交換

前回、75のMTオイルを交換したのが去年の5月。MTオーバーホール後の初回交換をしたっきりでした。OH後に500kmでこの時の交換をしていたので、まだ当たりが付ききっておらず鉄粉量も少ないんじゃないかと思い、ほんとはもっと速く交換したかったんですが今日になってしまいました。


mtoil1.jpg

まずはジャッキアップしてウマにかけます。もちろん3UMA設定です。MTオイルはオイルサクションガンで注入して注入口からオイルが溢れてきたら適正量という判断をするため、ウマ掛けはできるだけ水平になるよう実施します。


mtoil2.jpg

トランスアクスルケースの車体助手席側にある注入口です。ドレンを開けてから注入口が固着して開かない!なんて事になったら大変なので、先にこちらを開けて注入ルートを確保します。こっちも開けたら多少オイルが出てくるのでオイルを受けるトレイを準備しましょう^^


mtoil3.jpg

こっちがケースの運転席側にあるドレンです。注入ルートを確保したらこちらを開けてオイルを抜きます。


mtoil4.jpg

注入口側を開けた図です。オイルが出てきました。抜く前に多少走ってきたのでオイルが温まって抜けやすかったですね。


mtoil5.jpg

そして新油とサクションガンを準備。今回はBPのFR用と記載のある75W−90をチョイスしました。


mtoil6.jpg

で、ドレンを締めたらサクションガンでオイルを注入。今回は3L弱でオイルが溢れてきました。オイルの硬さによってはギアの細かい所までオイルが行き渡る前に注入口から溢れてくる時もあるようです。寒い時はオイルを少し温める(ストーブの前に置いとくとか・・・引火しないように注意!)とかして作業した方がいいらしいです。


やはりオイルはとても重要ですね!交換後はミッションの入りが別物です^^
これからのイベントシーズンに向けてコンディションを整えてやらにゃぁ〜(笑)
posted by なかのふ at 21:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイパーゴム交換

最近雨が多いような気がします。しかも週末に!
明日も今年一発目のTDMが開催されると言うのに予報は雨ですね・・・。

まあ、愚痴っても仕方ないので雨に纏わる整備を・・・という事でワイパーゴムを交換しました。

wip1.jpg

まずはブレードを外します。75はちゃんとブレードが立つので写真のような事はしなくてもいいんですが、まれにボンネットに干渉してブレードが立たない車があります。そういう場合はウエスを充ててフロントガラスが痛まないようにします。


wip2.jpg

ブレードは新品と比べるとずいぶん「右曲がりのダンディー」になってました(笑)


wip3.jpg

んで取り付けしなおして完了♪
ラジオペンチがあればできる作業ですが、ついつい面倒くさがってほったらかしになる部分です^^;
年に1回は交換してやりたいですねぇ〜。
posted by なかのふ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・ドイツもの

親父のガラクタにこんな面白いものがありました。

tel1.jpg

ドイツの電話帳ですね〜!
このデザイン、タ●ンページに似てますよね!?

tel2.jpg

中身のレイアウトもそっくりです(笑)
電話帳の歴史を調べてみたんですが、日本で作成されていた職業別電話帳がタ●ンページの形にデザイン変更されたのが85年だそうです。このドイツの電話帳を見ると「75−76」の記載が表紙にあります。私の生まれ年の電話帳なんですね。
やはり古き時代は「欧米に学べ」だったんですかねぇ〜。


tel3.jpg

最後のページに車のアドがありました。フェッタセダンのアドなんてある意味貴重なものかもしれませんね^^
posted by なかのふ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

スパ子入院決定

キャブOH、クラッチOH、ペラシャOHと終えたスパ子ですが、実はブレーキもエアを噛む時があるようで、たまにブレーキが効かなくなります(笑)
って実は笑い事じゃないですよね(汗)

という訳で主治医に電話して、素人交換作業後のチェックとブレーキホース交換を依頼することになりました。(多分マスターから出てるメインのホースと思います)


実はこの記事を書く前に、alfano1さんのサイトのコラムを読んだばかりなので、その感想・所見を含めて以下に私の考え方を記述したいと思います。


このブログでは75、ジュニア、スパ子のメンテナンス記録を中心とした記事を掲載させて頂いています。その趣旨は以下のとおりです。


・車の整備の楽しさをお伝えしたい
・自分自身のための記録
・私が経験した作業と同じ作業をする方への参考文献になれば・・・


しかしながら、先に紹介しましたalfano1さんのコラムを拝読し、私自身の掲載してきた内容がいかに危険な内容であったかを気づかされました。
私自身が作業を行う場合は、まず自己責任を覚悟しており、また主治医にDIYが可能な作業かを確認し、周囲の先人の意見を交えて自分自身で判断しながら作業を進めています。
また、私自身のポリシーとして、危険部位は必ず主治医に依頼することを前提としています。例えば、ブレーキ、エンジン内部、ミッション内部、デフ内部などです。
そういう考えのもと、今回のスパ子のブレーキも主治医に依頼しています。


個人的には私のブログを読んでいただいて、旧車やメンテナンスに興味を持つ方が増えてくれれば嬉しい限りなんですが、やはり事故等が発生して悲しい思いをしてしまうのは勘弁いただきたい。
私のメンテナンス記事はあくまで「参考文献」として読んでいただき、メンテナンスを実施する際は、信頼できるプロの方に相談の上行っていただければと思います。


多少矛盾もありつつ、無責任な考え方かもしれませんが、なにとぞご理解をいただいた上で今後もお付き合いいただければと思います。



最後ですがこのブログを書き出したのが昨年の3月10日ですので、本日で丁度1年が経過しました。ご愛読いただいています皆様に感謝しつつ、これからもロメオと楽しく付き合って行きたいと思います。
posted by なかのふ at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Spider Sr.3(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。