2005年07月07日

リバースランプ

先日、アライメント測定をした時、スタッフの人がテスターに乗せるところを外から見てたのですが、バックギアに入れた時リバースランプが付いていませんでした。

車庫に帰ってからレンズを外して電球をチェックしたところ・・・
うーん、問題なし。。。
ってことはスイッチなのかなぁ〜?

その後、Oちゃんのトコにお邪魔した際、スイッチが在庫あるか聞きました。

「うーん、あれどうしてるんだろね?ここ数年部品取り寄せた事ないんだよ。作ってないんじゃないかなぁ〜。」

なんてこったい!
そこからOちゃんも各所に問い合わせしてくれました。
結局、部品は取れないことはなさそうなんですが、新たな問題が発覚!
なんと、ジュニアのリバースランプスイッチは、ミッションケースの中に入ってるらしいんですね〜♪

75なんかはケースの外からネジリ入れてるんで簡単に変えれるんですが、こいつはクラッチオーバーホールの時にでも一緒にしないといけないのか・・・!?

悩んでるとOちゃんが

「手動でランプが付くように配線引きなおしてスイッチ付けたら?車検の時もギア入れながらスイッチ入れればバレないよ(笑)」

うーん、名案(笑)
とりあえず、主治医に軽く相談して、やはりケース開けないとダメとなればそうしようと思ってました。
んで、昨日真っ直ぐ走らない症候群の相談でお邪魔した時、クチビルゲ様がジュニアに乗ってるのを外から見てると・・・

「ランプ点いてやがる・・・(怒)」

うーん、相談する間もなく解決。
でもスイッチは磨耗でヘタるから一時的に接触良くなってるだけかも。。。
再発したらまた考えよう。。。
posted by なかのふ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。