2005年04月30日

KLM番外編

前回、飛び入りでお邪魔させていただいたKLM(なんとか、ラテン、ミーティング)から、とある高級車が大阪で見れるので来ないか?との誘いがあり、飛んでいってきました♪

大阪の南部某所に今朝行くと既に数人のKLMメンバーが集合済み。
しかしお目当ての高級車はまだ到着していませんでした。

待つ事十数分、爆音を響かせて昆虫のような車がやってきました。

ushi.jpg

そいつは「虫」ではなく「牛」、ランボルギーニカウンタックLP-500です。
公道で見かけることはあっても、なかなかまじまじと舐めるように見る機会がありませんでした。
今日はオーナーさまのご好意で穴が開くくらい観察、助手席試乗させていただきました♪

ushif.jpg
フロントビュー うーん、ジュニアと同じベルトーネデザインとは思えない(笑)

ushir.jpg
リアビュー イカツ過ぎます。低すぎます。

ushieng.jpg
エンジンルーム 12気筒は迫力ありますね。メンテナンス製悪そう(笑)


わずか400mほどですが助手席に乗せていただきました。
真剣に後方確認ができません(笑)
ガルウイングは雰囲気ありすぎです!アレを開けるのが夢でしたがようやく叶いました(他人の車だけど)
んで、どのギアからでも恐ろしいくらいのGがかかってきます。1速で軽く回しただけで80km/hですよあんた。
バーンナウトさせながらケツ振って加速してゆく姿は猛々しくも流麗。止まっているよりも走っている姿はウン十倍かっこいいです。

ちなみにリアタイヤは幅が350mm前後あります。ジュニアに今度はかせるタイヤで185ですから、倍くらいですね。
そんなバケモノのようなタイヤをバーンナウトさせて発進とは・・・いったいトルクいくら出てるんだろう・・・?

なんにしても貴重な体験させていただきました^^
posted by なかのふ at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | Meeting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

ステアリング

staw.jpg

もとよりジュニアを楽しく走らせたいと思い、モディファイを考えているのは以前も書いたとおりですが、今回ホイール&タイヤを変えるとともに、もうひとつ変えたかったところがあります。

それはもちろんステアリング。
今付いてるオリジナルはグリップが細く径も38cmくらいあるようです。
これはかなり回しにくく、径が大きいためフトモモに干渉するのです。

で、Oちゃんにヘレボーレを探してもらっていたのですが、そう簡単に見つかるものではありません。
そんなところに某オークションでジュリア系用のボス付きナルディクラシックが1万円強で出品されてました。
結構傷みもあるようですが、いつOちゃんの方でヘレボが見つかるかもわからない状況ですし、この値段なら繋ぎに買ってもいいかな〜と思い、即決交渉しました。

それが今日届いたので早速装着!
径は36cmなんでそんなに小さくならないんですが、これ以上径を絞ると超重ステになるので限界かな^^;
しかし、ボスが結構長く、ハンドルが手前に来るのでフトモモとの干渉はなくなりました♪

あとはホイールが変わってからのお楽しみですね^^
posted by なかのふ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABCペダルその後

abc2.jpg

さらにもうひとつ。
前回BCのみ装着した75のABCペダルですが、Aペダルの付け方が分からず購入もとの某バックスに取り付けを依頼しました。
すると1000円で付けてくれたのですがなんか安定しておらず、微妙だったんですね〜。

そこで今日はAペダルの裏に張り付いてるステーをペダルに針金でくくりつけ、強度アップを図りました。
ナカナカいい感じで固定されてるのでヒール・トゥもやりやすくなるでしょうね^^

いまからテストドライブ行ってきます♪
posted by なかのふ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャブファンネル

cabami.jpg

今日はいい天気ですね〜。
GW初日からこんないい天気だと独り身なのがこたえます(笑)

せっかくいい天気なんで朝から作業してたのですが、あまりの暑さに途中で断念。
とりあえず前回主治医に調整してもらったキャブなんですが、フィルターであるスポンジがボロボロになってたので主治医が外してたんですね〜。
主治医いわく、「このままでも石を吸い込んだりはまずないので大丈夫ですよ」とは言うものの、やはり若干気になります。

最近金使いすぎでレッドゾーン突入中なため、今回はホームセンターで1000円くらいで売ってるステンの金網と針金を使って自作しました。
適当な大きさに金網を切って、ファンネルに合わせて淵を折り曲げ・・・
ファンネルのクビレ部分で針金で締め上げました。

まあ気休めにはなるでしょう(笑)
posted by なかのふ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

ホイール装着!

105系の先輩諸氏より暖かいアドバイスをいただき、やはりハイグリップタイヤは38年前の古いボディには厳しいものがあると考え、タイヤのグレードを落とすことにしました。
とはいっても、ブリぢストンのG3に代わるタイヤ「Playz」ですので今付いてるタイヤに比べれば十分ハイブリップなんですが・・・。

んで、行きつけのスタンドに変更を申し出ると、そのタイヤであれば在庫があるとのことですので今日付けに行ってきました♪

wbefore.jpg
<装着前>

ビフォアアフターを確認するため横から撮影。
いよいよジュニアをピットにほりこむ。

gtaw1.jpg

んで、持ち込んだレプリカホイルにタイヤを付けてもらう。
そうするとこんな感じに・・・

gtaw2.jpg


その間に私はジュニアのホイルナットを緩めていく。



ここで問題が!!

なんと左後輪のナットだけが逆ネジになってるのだ(T-T)
Oちゃんにホイルと同時にナットも発注した際、「たまに左右のタイヤで逆ネジになってる奴があるから確認してね^^」と言われており、前輪を確認して両輪とも順ネジと思い、発注していたのだ。
なのに、よりによって1輪だけ逆ネジとは・・・恐るべし!

悩んでも仕方ないので今日のところは左後輪のみ古いナットで締める事に。
Oちゃんには同時に電話をして逆ネジも1セット取り寄せてもらう事にしました♪
ほんとはハブから出るボルトを順ネジがはまるように打ち直すのがベストなんでしょうが、工賃よりもナット買いなおす方が安そうなので(笑)

で、気を取り直して作業に戻ると、タイヤをホイルに付けてくれていたスタッフのIさんが落ち込んだ表情で・・・

「残念なお知らせをしなければなりません」

と。
また問題が発生したようです(T-T)
今度はホイルバランスをとろうとした時に、レプリカホイルの中心に開いている穴が小さすぎ、バランサーの軸にキッチリ固定できないらしい。
つまり回すたびにバランスが変わってしまう。

仕方がないので、ブリぢストンの支店にホイル毎持ち込み、超強力なバランサーで測ってもらうことになりました。。。
今日は遅いし、明日は休日なのでバランスとるのは明後日になるとのこと。

ホイル取り付けできるのは月が変わるころかなぁ・・・
posted by なかのふ at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

GTAレプリカホイール

gtaw.jpg

OちゃんにオーダーしていたGTAのレプリカホイールが到着しました。
私のJr.は前期型ですので、タイヤは155R15という謎のミシュランタイヤが入っています。
(この扁平率表示のないタイヤはビートルオーナーとかには常識のようです^^;)

この純正のタイヤなんですが、径が大きいため車高が高く見え、さらに細いので迫力にかけます・・・。
さらにグリップも当然低いのでスポーツ走行には向きません(涙)
で、今回のGTAホイールをオーダーする運びになったのですが、このGTAホイールはなんと14インチなんですねぇ〜。

Jr.は何故か後期型からホイールが14インチになっているようで、タイヤサイズも175/65R14か185/65R14あたりがオーソドックスな模様。

こうやって考えると、ジュリア系のこと何にも知らずにオーナーになったんだなぁ・・・ボク。
今更ながら情けないですねぇ・・・。

話を戻しますが14インチ用のタイヤを入れ、なおかつメーターの誤差が出ないようにと考えると、195/70R14あたりを入れないとダメだと思います。
しかしこんなタイヤ入れた日には重ステ地獄で乗るのが嫌になるでしょうねぇ〜♪最高速も激落ちだろうし。

んで、メーター誤差は諦めました(笑)
ホントは誤差を少しでも小さくしたかったんで、185/65R14を考えていたんですが、スポーツ志向のタイヤで65って少ないんですよね。
特に私は(本気のアルフィスタには怒られるかもしれませんが)ブリぢストン派なんすよ(笑)
で、G3もRE01Rも14インチだと65はないんですね。
今度G3に取って代わるPlayzってのは65があるらしいんですが、発売は6月15日とのこと。
ホイールが手元にあるんだからそんなに待っていられない(笑)

結論的にはRE01Rの185/60R14で行こうと思います。
ジュリア先輩諸氏で異論・反論・注意点等ありましたら、本日中にご忠告くださいm(_"_)m
明日には注文しちゃうんで・・・。
posted by なかのふ at 21:10| Comment(3) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

オイル交換

おはようございまふ。

昨日、ジュニアのオイル交換をしました。
用意したものは・・・

・オイル処理ボックス
・オイル(20W-50)
・オイルエレメント
・エレメントレンチ
・ドレンパッキン

さっそくカークランプでフロントを上げてドレンの下にオイル処理ボックスを設置。
ドレンを見ると結構大きいので家にある一番大きい24番のソケットを使って開けようとする。

・・・ドレンが更にデカイ!?

仕方がないので某オートなんとかにソケットを買いに行く。しかし24番までしかソケットが売っていない(T-T)
うーん困った。主治医にドレンのサイズを聞いたところ、27番とのこと。こうなりゃ意地でも27番のソケットを探さないとオイル交換ができない。
で、隣町にある工具専門店に行ったところ、余裕で27番がありました(笑)
この店は品揃えがいいですね〜。なんと40何番とかこんなデカイボルト存在するのか!?っ手くらい大きなサイズのソケットやレンチがありました。用意してあるエレメントレンチもココで購入したものです。

家に戻ると無事にドレンが抜けた。
続いてエレメントを外しにかかる。今回用意したオイルエレメントが数種類あるためそれ毎にサイズの違うエレメントレンチを用意するのは大変なので、3つの爪でエレメントを引っ掛けて各種サイズのエレメントに対応可能という物を使用した。

・・・固着して外れない(T-T)

押せども引けども外れません。終いにゃ3つの爪がエレメントに食い込んでエレメントが変形してしまう始末。
困ったがどうしようもないのでエレメントはそのままでドレンを締めてオイルを入れた。

マニュアルを読むとオイル容量は7.4Lとなっていたので、とりあえず6Lほど入れてゲージを見る。

・・・うーんMAXをオーバーしている。

ちゃんと抜けてなかったようです(T-T)
もう一度ドレンを外して1.5Lほど抜いてジャストMAX。
今日のところはコレで完了にしましたが、エレメントとちゃんと抜け切らなかった件が心残りです。
特にエレメントどうやって外そうか・・・。
posted by なかのふ at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

75コーティング!

ac75.jpg

75をマグネットコーティングしました。
これで理論上は駆動系の速度を無限大にあげることができ、タイヤの摩擦係数の限界まで最高速度が・・・

ガンダム世代しかわからないネタでごめんなさい・・・。
本当はポリマーコーティングです。
所属するクラブの先輩諸氏が「ポリッシャー最高!」ってな具合に盛り上がってましたのでマネしました。

学生時代はガススタでバイトしていたのですが、その当時からポリマーという考え方がメジャーになっていったと思います。
当時、うちのスタンドのポリマーとしては2種類あり、簡易版(7000円)と最高級グレード(6万円)なんですが、ガススタの設備があれば確かに簡単に施工でき、仕上がりもワックスでは出ない光沢が出るんですよね〜。

今回は某オークションでH社製のシングルアクションポリッシャーを購入し、ポリマー剤はバイトしてたスタンドに頼み込み簡易版の方をオーダーしました。

ポリッシャーについてはダブルアクション(2円周回転式、より細かく摺り込み振動できる)とシングルアクション(単円周回転式、回って振動するだけ)があるんですが、自分がやったことがあるのがシングルであるのと、扱いやすさを考慮し、シングルを選択。

ポリマー剤は最高級版は本当にキレイになるのですが下地剤とコート剤の2重塗りする必要があるのと、コート剤が硬化するのを待つため屋内保管で24時寝かさないといけないため却下。手間をかければ本当に鏡のように仕上がるのでいいんですけどね〜。アメリカの空軍がマッハで飛ぶ戦闘機の空気抵抗を減らすために使ってるコーティング剤だし、施行したら1年くらいボディを水で流すだけでキレイになります。

ac.jpg

んで、簡易版(1缶5000円)を購入したのですがこっちは楽です。なんとボディが水に塗れたまま施行できるのです。
いつもワックスかけてて思うのですが水をふき取るのが面倒だったんですよね〜。前述の最高級版でもふき取りの必要があるのですが、この簡易版はモノグサな私にはピッタリです(笑)

mirror.jpg

まあ鏡面仕上げとまではいきませんが、顔が映りこむくらいにはなりました。
(写真は某先輩のマネです^^;)
十分満足な仕上がりです♪
posted by なかのふ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

ジュニア完了

昨日、主治医から連絡があり、ジュニアが仕上がったようです。
(取りに行くのは日曜になりそうですが・・・)
結局キャブの方はジェットの穴が磨耗してアイドリング時にもガスが垂れ流しになっていたようです。
とりあえず調整でできる範囲で絞ってくれたようですが、根本的にはキャブそのものの交換が必要なそうで・・・。
現在ウェーバーはイタリア国内で作っておらず、OEMでスペインあたりで作っているらしく、値段が上がってるようです(TT)
前オーナーのメンテ歴を見て軽く考えてたんですが、やりだすと色々出てきますなぁ〜。
75にカナリの金突っ込んでるんでジュニアはゆっくりやりますか^^;
posted by なかのふ at 07:29| Comment(0) | TrackBack(1) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

ジュニアチェック経過

昨日、主治医からジュニアのチェック経過について電話連絡がありました。
しかし会社関係の飲み会の途中でかかってきたので酔っていてあまり覚えていません(笑)

なんとなく覚えているのは・・・

・エアクリのスポンジがボロボロでカスをエンジンが吸う可能性があるので外しておく。
・キャブセッティングはあと2日ほどで完成。
・ウォーターポンプがそろそろ交換時期。
・油脂類が交換時期。

こんなもんだったかなぁ?
とりあえず日曜日にでも引上げに行って詳しく聞いてこよう〜っと。
posted by なかのふ at 08:56| Comment(3) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

ABCペダル

bc.jpg

75をミッションOHに出す前に買っていたABCペダルを装着してみました。
75に乗り出してからいかに車に優しい運転をするかというのが課題となっていました。
いままで国産に乗っていた時には車への負荷など考えずにガンガンシフトを変えて、アクセルもただ踏むだけでした。
しかし、車を傷めず長く乗るためには回転をあわせてシフトチェンジしたりすることも重要なのです。

そこで最近練習していたのが「ダブルクラッチ」と「ヒール&トゥ」です。
この技術についてはどこぞの検索サイトで調べていただいた方がより正しい知識が身につくと思いますので、ここでの説明は割愛いたします。
この2つは基本的に速く走るための技術と思われがちですが、実は車に優しく乗るための技術でもあります。
「早く走る」=「効率的な運転をする」=「車に負担がかからない」
という事なんでしょうねぇ。
そう考えると教習所で習う運転方法というのはあくまで「事故をできるだけしない」運転であり、上記の考え方とは間逆に近い考え方だと思います。

で、75のペダル配置なんですが、ヒール&トゥをしようとしたとき、非常に踏みにくい位置にアクセルペダルがあるんですね〜。
これは75のオーナーの方の多くが悩んでいる問題のようで(中には慣れれば問題なく踏めるという方もいらっしゃいますが・・・)、なによりブレーキを深く踏んだ時にアクセルペダルに踵がかけれないんです。(私がデブなだけという噂もw)

で、今回「逆L字」型のアクセルペダルのABCペダルをチョイスし、ブレーキ、クラッチペダルにも、裏にゴムシート(ホームセンターで300円くらいをカット)をはさむ事で踏み込んだときのアクセルペダルの段差を少なくするようにしました。

しかし、アクセルペダルが謎の金具で取り付けるようになっており、付け方がサッパリ理解できません・・・。
で、写真のようにブレーキとクラッチだけ装着^^;
購入した某SABでアクセルペダルだけ取り付けたのむかなぁ・・・。
posted by なかのふ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

75復活!

mtoh.jpg

75が本日仕上がったとの連絡を受けて取りに行ってきました。
家に戻ってから写真撮ったんで真っ暗ですね^^; 見にくくてスイマセン(汗)

75を取りに行く際、ジュニアで行ってジュニアはそのままキャブ調整で入院です。
ジュニアに乗った直後に75に乗り換えたためそのギャップに戸惑いました。

ジュニアが古い車のため75が近代的に感じるのか?
ミッションをOHしたため乗り心地が良くなったのか?
人間の感覚って適当なもんですから、OHに出す前の75よりすごくマイルドになってる気がするんですよね。
具体的には、加速感がすごい! よく曲がる! 素直! エンジンが静かになった。 などなど。
ミッションOHによる効果も大きいんでしょうが、やはりジュニアと比べた感想が先に出てきちゃいます。

改めて75は素晴らしく完成された車だと思うのですが、ジュニアを知ってしまうとちょっと面白みにかける気もしますね・・・。
こんな私が現代車に乗ったらどうなっちゃうんでしょうね(笑)
posted by なかのふ at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 75TwinSpark(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

KLM

klm.jpg
今日はKLMというミーティングに行ってきました。(何の略かは不明です(笑))
ミーティングといってもオフィシャルな物ではなく仲間内で集まってる車好きの会らしいんですが、そこに飛び入りで参加させていただきました。

まずは芦屋の山の上にある展望台で集合。皆さんは大阪の方が多いのでどこぞで集まってから来られるのですが私は地元のため現地直行です。
展望台に到着するとフェラーリやらエリーゼやらが集まってました。
何気なくそこに混じってみるも全く知らない人ばかりでした・・・(汗)
まあ、皆さん車好きなんでジュニアを見て色々と話して和んでましたが(笑)

展望台の奥に見たことのあるランチアデルタコレッチオーネが・・・。
慌ててそちらに合流。

今回集まったのは
AR 147 4台
AR GT1300JR 1台
ランチアデルタコレッチオーネ 1台
ランチアテーマ832 1台
インプレッサSTi SPEC-C 1台

展望台を出て摩耶山方面へ。
ジュニアは乗りなれないのとタイヤヘコヘコなのとシートレールが折れてて運転し辛いのとで皆さんに全く付いていけませんでした(笑)

摩耶ホテル周辺の駐車場で並べて止めつつ試乗会開始。
今回はテーマ832の後部座席に乗りましたがさすがBY Ferrariエンジン。ものすごいトルクですね!セダンのサイズを感じさせない加速でした。
ジュニアに乗りたいという人も数名いらっしゃいましたので私のヘタクソな運転でブラリ。
やはり旧車の良さを皆さんに知っていただきたいのでジュニアでも75でも乗り倒していただきたいですね^^

その後、山を降りてバイキング形式のレストランでランチを取り解散しました。
車購入を検討している方もいらっしゃったんで、今日のミーティングが参考になればいいですね〜。
posted by なかのふ at 20:21| Comment(3) | TrackBack(0) | Meeting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テストドライブ

行ってきました。
高速道路から下道に降りて神戸の山をぐるっと回った後、須磨からR2で帰還。

全体的にノイズがほとんどなくなっているので非常に快適です。気持ちいですね〜♪
振動も最小限になってる感じなのでアイドリング時はエンジンが止まるんじゃないかというくらい静かで怖いです(笑)聞こえる音は獲物を狙う獣のごとく低くうなるエンジン音とそれに合わせてなる回転音。
この音はなんだろ?プロペラシャフト?
うーん、75と違ってトランスアクスルじゃないからアイドリング中はプロペラシャフトは回ってないはずだしなぁ・・・。
クラッチを切るとこの音も消える・・・なんなんだ〜!?
まあ、問題なさそうなんで気にしない方向で。もうすぐミッションOHの終わる75と入れ替えで、キャブ調整のため主治医の元に入院させるからその時にでも相談しましょ。

70kmほど走ってガスの針はほとんど動かず。やっぱ燃費も向上してるのかな?
次の給油が楽しみですね〜。
posted by なかのふ at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

いろいろ。

今日はまとまって時間ができたので色々メンテできました。
まずは前回直したウインドウのレールですが、内張りの中にビニールを貼るのを忘れてたんですね〜。んで、こないだの雨でドアノブまで水が染み出しちゃって(笑)
ただ貼るだけではおもしろくないので、所属するクラブ内でちょっとしたブームになってる(?)ミトスさんのラストプロテクターをドアの内側にプシュっと。
あれだけ水が入ってるって事は錆びも相当でやすいでしょうからね。んでビニールを貼って内張り戻して完了♪

次に昨日買ったSEVを追加。フューエルラインとデフに貼り付け。
フューエルはラインを2つのSEVで挟むようにし、タイラップで固定。デフはパーツクリーナーで付着したヨゴレやオイルを流してペタッと付属の両面テープで貼るだけ。簡単ですね〜。
効果は後で乗ってのお楽しみ♪

そして昨日乗ってからプラグを磨いてなかったのでチマチマと磨いてみる。
実はプラグコード挿し違い事件の時についでにキャブのミクスチャを1/8回転づつ絞っていた。
ガスが濃すぎていたのでキャブの知識はないまま恐る恐るやっていたのだ^^;
これでプラグのカブリ具合もマシになっていればと思うのだが・・・

むぅ〜、やはりほとんど効果は見られない。プラグは相変わらず真っ黒だ。
やっぱちゃんとセッティングしないとだめなんだろうなぁ〜と思いつつ、更に1/8絞ってみる(笑)

その後洗車をし、先ほど紹介しましたミトスさんのコート剤「マジック」を塗りこむ。
同じクラブの先輩諸氏はこのマジックをポリッシャーで刷り込むようだが、ジュニアのボディにポリッシャーの力がかかるのは怖いのでタオルで塗りこむ。
これで多少はきれいになったかな?? ^^;
後でテストドライブいってこよーっと♪
posted by なかのふ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

SEV

sev.jpg

えー、蛇の毒で中毒症状を起こしております私ですが、もうひとつ中毒なものがあります。
すなわちSEV。
あの車のいたるところに貼り付けるだけでたちどころに効果の現れるすごい物体です。
にじゅうよじかんテレビではかの大女優がSEV付きのシューズなどを用いて100kmマラソンを達成したり、車のレースではどんな車にもついているという怪しくも大きな実績を持つチューニングパーツです。(これをチューニングと呼んでよいものか・・・?)

75にもエンジンヘッド、フューエルホース、ブレーキキャリパ、ミッションなどにペタペタと貼っています。
かつてはインプレッサにも貼っていたのですが、私の実体験上、古い車ほど体感的に性能向上が認められるような気がします。

今回、ジュニアのために購入したのは写真の3点。
@エンジンヘッド(右)
  >低速域のトルク感向上
  >エンジンのノイズ解消
Aスーパーフューエル(中)
  >トルク向上
  >燃焼効率向上
  >燃費向上
BSEV AL(左)
  これは汎用的なもので好きなとこに貼れます。
  今回はデフに貼る予定。

旧車の場合は特に@がオススメ。エンジンの振動も軽減されるのでマウント類への負荷も軽減されるような気がします。トルク向上も体感できるのですが、私はノイズ解消と振動の抑制が目的で購入しました。もちろんエンジンサウンドやフィールは失われず、むしろ本来の持ち味が引き出されるような感じです。
Aは燃焼効率が向上することでプラグのカブリが少しでも解消できればと思い購入。
今日のところは違いを感じるため@のみ装着してテストドライブ。
ヘッドに貼り付けてエンジンをかけるとアルファサウンドにまぎれて発生していた嫌な振動音はキレイに消えてました♪心なしか低速も力強くなった気が・・・(笑)

まあ、お金に余裕ある方はだまされたと思ってお試しあれ〜。
posted by なかのふ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おわび

今回ジュニア不調について、関係各位、また読者様にご心配とご迷惑をおかけしました事を、深くお詫びもうしあげます。

というのも・・・

ほんとーに基本的なことで申し訳ないのですが・・・・

プラグコードの挿す順番を間違えてました(泣)


己の未熟さと確認を怠ったことに反省の念でいっぱいです。


とりあえずジュニアは今宵は快調に走りました^^;

日曜日は某氏とその仲間内の方にまぎれてプチミーティングがあるので、ジュニアが元に戻ってとりあえず一安心です。。。
posted by なかのふ at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

点火タイミング

tlight.jpg

昨日は雨で、今日は会社の呑み会のため車いぢりできませんでした・・・。
なにもできないのも悔しかったので、仕事中に日本橋に立ち寄り工具屋でタイミングライトを購入。(近くに寄ったもんだからね・・・。5分くらいだし勘弁してください(涙)>会社の人)

一応、昨日ワークショップマニュアル眺めてると点火タイミングの調整方法が載っていたので、これで何とかなるでしょう。
まあ、主治医(オートコニサー殿)いわく、「かぶってるだけちゃう?」とのこと・・・。
ただかぶってるだけなら自分の未熟さに嘆くのみですな。。。

まあ、明日(既に今日ですが)の夜作業してみます。
posted by なかのふ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

うーん・・・重症か?

昨日のミーティングでサプライズデビューができなかった我がジュニア君なんですが、本日仕事から帰ってエンジンをかけてみたところ、やはり昨日と現象が変わらない。一時的な機嫌の問題ではなかったようだ。
エンジン自体が非常にかかりにくいのだけど、かかった時も非常にアイドルが不安定、今にもエンストしそうな感じだ。なんかエンジン音がバラついてる感じなんでスパークしてないんだろうか?

昨日の時点でプラグは変えてみてるので、プラグは仮に問題ないとして、プラグコードに断線か?クランプメーターをコードにはめて見るが数字は表示される。問題ないのか??
あとはなんなんだろ・・・?点火タイミングとか・・・キャブのセッティング自体が問題なのか?

はふー。だれかアドバイス求む!(切実)
posted by なかのふ at 20:32| Comment(3) | TrackBack(0) | GT1300Jr.(fin) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

クラブミーティング

bera.jpg

実はジュニアを買ったのをクラブには伏せていました。
というのも本日いきなりジュニアで搭乗してサプライズを狙っていたからです。
しかし、昨日までゴキゲンに走っていたジュニアは今日、暖気してみるとグズってゴキゲンナナメ・・・。
コイツは照れ屋さんなんでしょうか?(笑)
(まさか故障じゃないよ・・・ね?(泣))

で、結局こないだデルタ8Vを買った友人の助手席で参加^^;
場所は同クラブメンバーでイタリアンレストランを経営させるT氏のお店です。初めて伺ったのですが、大変おいしくボリュームも満点でした♪
メンバーは関西で二十数名いるのですが、本日は15名ほど集まり、しばし食事をいただきながら車談義。
その中でジュニアの経緯を話すと丁度よい笑いものとなってしまいましたとさ(テヘッ)

その後、お店を出るも駐車場を十数台のイタ車が占拠したまま、車を眺めつつ更に車談義。
Tさんも店の片付けもソコソコにご自分の車を車庫より出してきました。
車はマセラティが6台、ランチアテーマターボ1台、イプシロン1台、デルタ1台、ロメオが4台。
このクラブは車種にとらわれずいろんなイタ車が眺められるのがいいですねェ〜。

今日もいい目の保養になりました(笑)
posted by なかのふ at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Meeting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。